3カ月毎日ブログを更新することに成功したが結果は‥?

物事を確かめるのには3カ月という期間はちょうど良いと思います。

禁煙も3日目が最初の山場で、次に3週間、そして3カ月続けられたらとりあえず禁煙成功率はぐっと高くなりますよね。

3カ月はそういう目安としてはちょうど良い長さ。

さてこの3カ月、毎日コツコツと早起きをしてブログを書き続けたワタシの身にはどんな変化が起こったのでしょうか?

disk-logo-201610/disk

3カ月毎日ブログを更新した結果。

今日はブログ論。

もう巷にはブログに関する情報がこれでもかと溢れているし、ワタシが愛読している名ブロガーたちのブログには日々「ブログの書き方」「コツ」を教えてくれる情報が更新されています。

こういう成功したブロガーたちの意見を眺めていると、「とにかく最初は毎日書くこと」っていうスタンスが多いです。実際そういう意見、アドバイスが多数を占めます。

本人のモチベーションや目的にもよるんでしょうが、真剣にブログを一つの表現手段とするのなら確かにたくさん書いてみる必要はあるでしょう。

ワタシはもともと「書きたいことを書きたいように」という緩いコンセプトのもと書き始めたのですが、今年に入ってからもう少しクオリティを上げたいなと感じ、毎日更新を目標に設定しました。

そして3ヶ月毎日更新することに成功しました。

毎日更新するのは確か最初はとても苦しかったです。時間的な問題もあるし、何を書いたら良いのかネタ切れに陥ったり、気分が乗らなかったり…そして何よりも辛かったのが書いても書いてもPV数に変化が現れなかったことです。

ブログを毎日更新することの意味は?

残念ながらワタシのブログは毎日更新しても1日1,000PV程度でした。連続更新に挑戦する前に比べると多少増えたような気がしますが、ほんと多少。

おそらくワタシの場合はテーマを定めていないので方向性が不安定。書いてるワタシですらこの雑多な印象を感じていますので、読みにきてくれた人も当然同じことを感じると思います。

本や映画の感想、ライフログのこと、家のこと、家族のことからiPhone、MacBookのアプリの紹介‥

なんかあれこれ広げ過ぎているような気がしますよね。

しかも最近はここに収まらない日々の考えや主張、自己啓発なんかにも手を出してきています。

これは毎日更新、という目標設定によってとにかく書くことが優先された結果でしょうか。最近は確かに何か書いて更新しないと気持ち悪いくらいの感覚に陥っていて、何でも良いから書き出していることもありました。

これじゃあ良い仕事とは言えませんよね。。

毎日書くことで確かに書く技術というか、パソコンに向かう習慣は見事に身についたと思います。タイピングも早くなったし、言いたいことをまとめる処理も早くなった気がします。今までは通勤時間にiPhoneのメモで下書きをしてましたが、その下書きなしでMacBookに直接書くことも増えました。

いきなり清書です。

質より量をこなす作業に集中したために技術的な面での効果はあったようです。

しかし結果が伴わなかったのは、やっぱり質の問題ですね。結局面白くない話をどんだけたくさんしても面白くないんですよ。むしろ1つでも良いからすごい面白い話をしたほうが良い印象が残りますよね。それと一緒です。

3ヶ月間、とにかく書くという作業に集中したのは良い経験でした。そしてそこから学べることもありました。

これからはやはりです。

高品質を目指していきます。

 


世界一やさしい ブログの教科書 1年生

新品価格
¥1,706から
(2017/5/19 05:43時点)


 

 


人気ブログランキングへ