想像力の限界を求めて

googleと心中するか?Amazonと死ぬか?

disk-amazonvsgoogle

googleと心中するか?Amazonと死ぬか?

先日Amazonがプライム会員向けのサービスを追加しました。

その名も「プライム・フォト」

写真管理に未だアタマを悩ませ、最近ではもう管理なんてしなくても良いんじゃないかと投げやりだったワタシ。

ここへきてまた新たな悩みが出現しました。

 

disk-amazonvsgoogle

Amazonプライム・フォトはgoogleフォトを越えるか⁉︎

アマゾンジャパンは2016年1月21日、写真ファイルを無制限で保存できる「プライム・フォト」サービスを日本で開始しました。Amazonプライム会員なら無料で利用できるサービスで米国では2014年10月に開始しており、アジアでは日本が初となります。

容量無制限は勿論、そしてgoogleフォトとの最大の違いは写真の質

googleフォトでは無制限にアップすることは可能ですが、その際に自動で圧縮されてしまいます。(圧縮しないでそのままでも可能ですがその場合は15GBまでとなります)

しかし今回登場したAmazonプライム・フォトは圧縮なし!

写真を趣味としている人は乗り換える価値ありですね。

Amazon、googleどちらと心中するか⁉︎

もはや個人のデバイスにデータを溜め込む時代ではないのかもしれません。

クラウド上にデータを集めておけばいつだってどこだって必要な情報を必要な時に使えますし、ひょっとしたら将来デバイスなんて概念すらなくなるのかもしれませんね。(攻殻機動隊好きとしてはワクワクしますが…)

さて、googleは写真に限らず楽曲もオンラインストレージにアップすることができるので、今真剣に自分の持っている楽曲データを全て一括でgoogleに預けようかと思っていました。

しかし今回Amazonがプライム・フォトを発表したことによって本気で悩んできました。

Amazonにもプライムミュージックがあり、サービス内容としてはgoogleと変わらないモノがあります。

ただし、Amazonはプライム会員限定のサービスとなるので年会費が年間3900円かかります。

年間3900円でAmazonはそれ以上の価値を提供してくれます。(まったく余談ですがそう考えるとNHKって…再放送ばかりだし…

googleもAmazonもここまで来ればワタシが生きている間はなくなることはないでしょうし、いっそ手元の容量問題をスッキリさせる意味でもやってみるかな?


【Amazon.co.jp限定】Amazonオリジナルマグカップ黒

新品価格
¥751から
(2016/1/30 06:09時点)


 


ライフハックランキングへ

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk