気力がないと生きた心地がしないから。大切なのは体力だけじゃない。

気力が充実している、この状態が望ましい

やっと仕事のピークが過ぎていき

とてもスローな感じではありますが、やっと自分のリズムを取り戻しつつあります。

思えば繁忙期の引っ越しからリズムなんて考える暇もなく慌しい毎日でした。

怒涛の勢いで過ぎ去っていった日々…

引っ越し直後のことを良く覚えてないくらい忙しかった。。

そしてトドメが今回の妻さん、娘ちゃんのインフルエンザ騒動。

記憶ないくらいバタバタすることなんて、この先もそうそうない気がします。

やっと一息入れて考え事ができるまでになりました。

自分のリズムを整えて気力を充実させよう。

外から見てたらめでたい話だったのかもしれません。

赤ちゃんの誕生に家建てて。

赤ちゃんと新居。

しかしこれが当事者にとっては二重苦でした。さらに上の娘ちゃんの微妙な子ども心もあって実質三重苦…

ダイレクトで世話した妻さんは間違いなく昨年の我が家のMVPでしょう。

あまりの忙しさによって自分を忘れ、気力が大切だと知った。

今回の経験はワタシにとても大切なことを教えてくれました。

それは気力が充実していないと毎日は充実しないし、生きた心地がしないということ。

もうほんと次から次へとやることが盛りだくさんで日中駆けずり回って激務を終えてから帰宅して家の片付け。

妻さんは一日中片付けと育児に公共料金だとか各種手続きに奔走しました。

落ち着いて夫婦の会話なんてありません。

ただ、体力の限りギリギリまで処理し続ける毎日でした。

また不幸にもけっこうきつい寒波と引っ越しが重なり、精神的にも非常にまいってしまいましたね。。

そんな状態なので当然生きた心地がしない

気がついたらクリスマス

気がついたら年末

気がついたら年越してた…

まさに怒涛の年越しでした。

ここまでハードな状況になるとは思わなかったので、随分昔に交わした約束なんかが突然やってきたり、そりゃもうワタシたちを多いに苦しめてくれましたね。。

やっと仕事が落ち着きを見せ始め、今こうして振り返ることができています。

新居に越してもうすぐ2カ月

初めて家でくつろぐことができているような気がします。

体力だけではダメ。

どんなに身体が元気でも気力がないとダメだなと思います。

確かに体力が持つ限りワタシは色々と片付けることができます。

でも

なんだろう

やり終わった時の何も残らなさ。。

それに比べて「やるぞ」って意識して気力がしっかりと先行している時の行動はすごい残ります。

記憶にもしっかりと刻まれるし、胸の中にちゃんと何かやり遂げた感が広がります。

例え失敗してもそれがなんとも言えない充実感のなります。

しかし体力だけ、身体だけでこなしたことは気がついたら終わってる。

失敗したことにすらあまり気がつかない。。

これでは生きた心地がしないんですよね。

ついワタシたちは日々の生活をぼーっと何も考えずに送ってしまいがちですが、しっかりと気力を持って生きていくことで、もっと毎日が輝くのだと思います。

気力を充電する方法。

最後になりますが、最近ワタシがやってる気力回復方法を。

それは

1日1時間で良いから好きなことをする

です。

妻さんや子供たちには悪いけど、孤独になる時間が必要なのさ。

グレングールドもそうおっしゃってましたしね。

では

皆さんも体力だけじゃなく、しっかりと気力を意識していきましょう!

 



 


人気ブログランキングへ