最近読んだ本で面白かった4作品。

最近読んだ本

ホントは一冊ずつちゃんと感想を書きたいのですが…最近読んだ本、面白かった本

随分と読書するペースが落ちています。

年初に掲げた目標である【年間50冊】まであと10冊も足りていません。

もう11月だしなー…

11月も終盤だしなー…

で最近読んだ本を紹介します。

diskplusdisk/newtop

最近読んで面白かった本

アサギロ

新選組漫画は数多くあれど過剰にキャラを作ってしまう傾向が強い気がします。

そんな中この作品、若き日の沖田総司を主役に爽快な青春漫画と仕上げています。

なんか理想的な沖田総司像とちょっと癖あるけど圧倒する画力は読んでて飽きさせなかったです。

ワタシも新選組を題材にした作品を作ろうともう10年近く構想してます。構想だけ。ええ、構想だけ。

良い刺激となりました。

アサギロ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

新品価格
¥473から
(2016/11/23 07:37時点)

怖い人

平山夢明氏の作品と言えばもうこのブログでもだいぶ感想を述べさせてもらっています。

もう大好きですね。

で、そんな氏が今回まとめたのが【本当にあった怖い話】。

ホント怖いです。

細かい短編がたくさん綴られていますが、そのどれもが不気味な人間たちの怖い姿で埋まっています。

お化けなんかより生きた人間が一番怖い…これホント。

怖い人 1 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-13)

新品価格
¥648から
(2016/11/23 07:38時点)

去年ルノアールで 

我が家に星野源旋風が吹き荒れています。

妻さんを始め娘までもがあの軽快かつキャッチーな楽曲に身体を揺らします。

勿論ドラマは全部録画して保存する徹底ぶり。

そんな星野源さん。

ワタシの中では最近のブームによる姿ではなく、この頃の姿が印象的。

そう、ドラマ版『去年ルノアールで』

話がそれましたが、また読んでしまったこの作品。

無気力文学なる帯がつき、ルノアールという極めて限定された場所から無限に広がりを見せる妄想力。

通勤・通学に読むと笑ってしまうので注意しましょう。

去年ルノアールで

中古価格
¥287から
(2016/11/23 07:39時点)

ミュージアム

小栗旬さん主演で映画化されるということもあり、ここ最近メディアでの露出も多いこの作品。

映画の予告編を見てワタシは

「セブンの焼き増しかな?デヴィッド・フィンチャーには勝てないぞ…」と危惧したのですが原作コミックはなかなか面白いです。

いや、

すごい面白いです。

まだ途中までしか読んでませんが面白いです。

ミュージアム コミック 1-3巻セット (ヤングマガジンKC)

中古価格
¥1,292から
(2016/11/23 07:40時点)

まとめ

ゆっくり本を読んで、その感想を書く時間がないけれど

読書は忙しい日常を少しだけ忘れさせてくれます。

このプチトリップな感覚はやめられません。

最近引っ越し準備で本を大量に処分しました。これを機に我が家も電子書籍デビューをしようかと模索しています。実際今回紹介させてもらった本の中でも、漫画に関してはLINEのアプリ「LINE マンガ」で読みました。

もう紙媒体にこだわる必要はないのかもしれません。

本棚を持ち歩く‥往年の夢を実現させる時がきたのかもしれません。

 


LINE マンガ – 無料で人気漫画を毎日更新 App
カテゴリ: ブック
価格: 無料


 


人気ブログランキングへ