想像力の限界を求めて

macのiMovieで作った動画をDVDで観たいって場合は?

もうDVDなんてメディアの時代はとうの昔のことになったんでしょうか?

いやいや、まだまだ必要な時があるんですよね。

ワタシの場合MacBookで娘の成長の記録なんかを動画にし、それを毎年妻さんにプレゼントしています。動画編集に使っているソフトは何も立派なやつではなくて、MacBookを買った時に最初から入っていたiMovieというアプリです。

正直スライドショーに音楽つけて、くらいの動画編集ならこのiMovieで何不自由なくやれます。

これで十分です。

ただ、1つ不満があるとすればDVDに焼けないんですよね。

iMovieで作った動画をDVDに焼きたい!

AppleがすでにDVDというメディアを必要としていないので最近のMacBookには既にディスクリーダーは搭載されていないし、かつて便利だったiDVDというアプリはいつの間にか消え去っていました。このあたりの技術の見限りの良さ、潔さってのはAppleはすごいですよね‥もう少しかつての使いやすさとかを残しても良さそうなものですが‥

ワタシが使っているMacBookはディスクが読み込める最後の機種ですので、なんとか外付けのリーダーを必要としないでDVDに焼くことができるのですが‥さてその方法ですよね。

Appleさん、iDVD復活させてくれないかなー。。

どうせなら無料で手に入れたい!DVD変換ソフト『Burn』を使う

公式のディスク変換方法がないのでここは他のアプリ、ソフトを使用する必要があります。有償のものだと探せばすぐ出てくるのですが、どうせなら無料で済ませたい、というのがワタシの本音。

ここは『Burn』というソフトを使用します。

まずはBurn公式ページに行ってソフトをダウンロードしましょう。

Burn

使い方は簡単です。

ダウンロードしたBurnをインストールしたあと、まずはソフトを開きましょう。

DVDに変換したいファイルを左下の【+】から選択してファイル名をつけてディスク作成するのみです。

ファイルを選択すると変換が始まります。この変換したファイルの保存先を聞かれるので、指定してあげましょう。ワタシの場合は探しやすいのでデスクトップにしちゃってますが。

変換が終われば右下に【ディスク作成】のボタンが出ますのであとは実行するのみです。

 

あとがき

何度もいいますがiMovieの書き出し方法にDVDっていう項目があれば簡単に解決する問題なのですが、今となってはそうはいかないので面倒ですが何か他の方法を模索するしかありません。

実際このBurnもすごい良いなっていうよりは仕方なくって感じが強くて‥というのも例えばiMovieで変換したファイルがエラーで読み込んでくれなかったり、高画質で焼こうとするとうまくいかなかったり‥と使っていて何度か不具合に見舞われています。

特に謎なのが同じ映像のものをDVDに焼こうとしたのに高画質にしただけでエラーで弾かれてしまう‥ということがしばしば‥容量が大きいファイルは焼けないのか??

ちょっと今後も引き続き調べます。

きっと時代はどんどん進んでいって、DVDに焼くなんてことが一切必要のないことになるんでしょうけど、、その時代が到来するまではやっぱり必要なわけで。。。

 

他にもっと良い方法があるってご存知の方、教えて下さい。

 


gemsoft ディスク クリエイター7 BD&DVD

新品価格
¥2,680から
(2017/5/14 07:36時点)


 


人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新デース

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk