想像力の限界を求めて

実はエアコンは今が買い時?!年末に急いでエアコンを取り付けた話。

エアコンを買う。

新居への引っ越しと時同じくして襲来した寒波

おかげでワタシたち家族は皆、芯から凍えるという体験をしました。

今まで人が住んでいない空間、それはもう想像以上に寒く冷えているもんですね。

初めて知りました。。

このままじゃ赤ちゃん凍えちゃう…

上の娘は鼻垂れ…

妻さんは寒くて動けなくなる…

ワタシは部屋の中でもダウンが脱げない…

はい。

エアコンを買います。

エアコンを買う。

新居にエアコンを。接客受けてきたんでまとめときます。

ホントはもう少し後でも良いかな?って思ってました。

引っ越し資金にプラスアルファの予算を組んで、家具とか家電とかを選びたいなーって思ってました。

いやいやいや…

寒くて寒くて作戦変更です。

予算注ぎ込んでエアコン買いましょうと、満場一致。

早速近所の家電量販店に行きました。

なかなかベテランな雰囲気出してるおじちゃん販売員が接客についてくれました。

エアコン買い時はまさに今。

ではここからは実際に接客を受けてきた内容を読み易くまとめていきますね。

まず

家電には買い時が存在します

同じ機種でも出たばかりとその後の新機種発売とのタイミングではその価値が変わりますよね?

当然値段も変わります。

家電のアイテムにはそういう商品入れ替え時期があるので、そこを狙えば現行モデルが安く購入できるわけです。

そして、運が良いことにエアコン購入時期としてはかなり良いタイミングだったようです。

各メーカー新機種を発表した直後。

このタイミングを狙いましょう。

エアコン選び

さて、肝心のエアコン選びです。

我が家はリビングダイニングキッチンとまとめて20帖あります。

しかしその半分くらいが吹き抜け。

この吹き抜けがとにかく冷える…

今も必死にストーブ使うもののこの吹き抜けにより暖房効率はかなり悪いのです。

カーテン選びの時も後悔したので今回は図面持参。

エアコン販売員に図面見せて相談します。

図面を見て即座に23帖用にしなさいと。

即座に。

確かに事前に調べた時も一戸建ては特に暖まりにくいのでエアコンで暖房効果を実感するためには実際の広さよりも一つ上のサイズのモノにしなさいとありました。

エアコンは冷房で冷やすよりも暖房で暖めるほうがパワーを要するようです。

特に我が家は吹き抜けもあり暖房対策をちゃんと考えないと無駄に電気代が高くなってしまう恐れがあります。

ちょっと高いかな?と思っても一回りくらいのサイズ違いで僅か一万円程度の差。

これをケチるとパワーが全然違うとのこと。さらに全然温まらないのに電気代だけはかさむ‥なんて最悪な事態も起こりうると‥

ここは素直に従ってみました。

良いですか?一つ上のサイズですよ。

値切る

あとはまぁ、、おまけというか。

貧乏性なワタシはこういう高額な買い物をする時、つい値切ってみたくなります。

手元のiPhoneで購入するエアコンの型番をチェック。

しかし量販店も今はちゃんと調べてるんでしょうね、、全国的にも相場通り。

ただ先ほどの買い時の話でも言いましたが、とにかくタイミングは良かったようで

今は付いてる値段からさらにお値引き。

そしてビックカメラのポイントを先払いという謎の技を使ってもらい、この時点で4万ほど値切ってもらいました。

ここでもう一部屋分お願いするなら?と聞いてみるとなんと2台同時購入での割引というのもあると。

ならばいっそ付けてしまえとリビングにデカイ奴、寝室に小さい奴を同時購入です。

気になる値引き額は

75,000円!

小さい奴一台分くらい値引きしてもらいました!

きっと何かカラクリがあるのでしょうが、とにかくエアコン本体2台と取付費用も込みでこの価格ならばかなり安く済んだんではないでしょうか。

接客を受けているときの妻さん

「エアコンってこんなに高いんですね…〈絶句〉」

店員さん

「ボタン一つで暖かくも涼しくもしてくれるんですからね」

って、2人のやりとりが妙にほのぼのしてて面白かったです。

お願いしてから1週間も待たずに付けてもらえるようです。

買い時、ベテラン販売員、時期

全てが良いタイミングで出会えました。

後日談

取り付け工事を実際にしてもらったのですが、室外機の位置が非常に重要。

結局配管を伸ばす工事が必要になり追加工事費用が別にかかってしまいました。。

せっかく色々値引きしてもらったのに。。。

室外機の位置とかもちゃんと考えておかないといけませんね。

 


エアコンのいらない家

新品価格
¥1,512から
(2017/4/11 00:10時点)


 


人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk