知られざる苦悩‥『新撰組副長助勤・斉藤一』を読んで

2016-07-12

新撰組隊士の中でも謎の多い人物である斉藤一

 未だ多く残る彼の謎に迫る今作を読んで。

 
斎藤一の生涯/disk
 
斉藤一というと大人気漫画「るろうに剣心」の影響がかなり強くて
 
斉藤一=牙突
 
みたいなイメージがワタシの中では強いのですが(笑)
 
実際はとても苦難の人生だったようです。
 

謎多き男斎藤一について書かれた『新撰組副長助勤・斉藤一』赤間倭子著を読んで。

 
この本は斉藤一の生涯を分かりやすくまとめてくれています。
 
新撰組本を読むと土方歳三や近藤勇、沖田総司などの人気隊士を中心に描かれることが多いのでどうしても一隊士について深く知ることが難しい状態です。
 
ワタシは個人的にこの斉藤一はかなり興味のある対象だったので貪り読みました。。
 

あらすじ

 
他の新撰組本と同じく、結成から散り散りに転戦していく時系列に変わりありません。
 
ただ、本作では主役はあくまで斉藤一なので、敗戦したあとの会津藩士としての後年もしっかり描かれています。
 
そして明治政府によって警察官とし起用されたり‥
 

読みどころ

 
ワタシが知ってる情報は本当まだまだだったな、という率直な感想はさておき
 
この斉藤一という人物を中心に描いている今作はなかなか読み応えのあるものでした。
 
幾つもの隠密作戦に携わり、その使命故に孤独な苦悩を抱えていた人生。
 
死に場所を探し求めて転戦した後年
 
土方歳三も同じように、死に場所を探し求めた1人でしたが、彼は見事函館で散り
 
会津藩士として、会津と共に死ぬ決意をした斉藤一は明治時代まで生き残る…
 
時代物はこういう魅力的な人物が複雑に絡み合いながら数奇なストーリーを紡ぐから面白いですね。
 
新撰組隊士の中でも、これほど数奇な人生を送った人はいないのでは?
 
それが斉藤一
 
新撰組時代にはその腕を買われて三番隊隊長を務め
影では幾つもの暗殺・隠密作戦に参加
 
見事なスパイ任務を遂行し、分離した伊藤甲子太郎たちを殲滅
 
会津藩士として決死のゲリラ戦
 
死の大地へと追いやられ
 
明治新政府により警察として雇われ
 
薩長との内戦に参加
 
それでも死なず
 
彼は最後の最後に自宅で正座をして亡くなったと言われています。
 
死因は胃潰瘍だったそうです。
 
知れば知るほど斉藤一という人物の魅力に惹かれていきます。
 
土方歳三の死に対する戦い方には何かロマンすら感じるのですが、斉藤一にはロマンというより悲痛な苦悩を感じます。
 
斉藤一について描かれた作品で他に浅田次郎さんの
『一刀斎夢録』というのがあり、こちらもなかなか素晴らしい仕上がりです。
これについてはまた次回。
 

 

新選組副長助勤 斎藤一 (学研M文庫)

中古価格
¥49から
(2015/12/5 05:42時点)