泣ける歌を10曲集めてみました。【邦楽限定】

2017-07-18

音楽を聴いて涙を流す、なんて随分と素敵なことではないでしょうか。

前回、泣ける曲10選、洋楽限定という企画をやりました。
調子に乗って今回は邦楽限定でいってみたいと思います。歌詞の力もフルで活躍出来る邦楽、泣きすぎ注意です。

泣きすぎ注意!邦楽限定泣ける歌10選

disk-top-image

 

1 『あの日にかえりたい』 松任谷由実

この人の声は常にどこか影を帯びているように感じます。その声で「泣きながら〜」と始まってはこちらも泣かずにはいられません。
そして歌詞がまた泣かせてくれます。あの日にかえりたい、タイトルも秀逸です。

2 『世界の終わり』 Thee Michelle Gun Elephant

疾走感溢れる轟音ギターと共に駆け出す楽曲。激しさの中にチバユウスケの叫びが響く。
パンを焼きながら、世界が終わるの待ち焦がれている、なんて歌える彼らの切ない世界感に思わず涙します。

3 『雨のハイウェイ』 キャロル

亡くなってしまったワタシが尊敬する叔父が好きだったこともあり、キャロル、矢沢永吉には特別な想いがあります。
特にこの曲を聴いているといろんな思い出が蘇ってきて号泣です。完全に個人的選曲です。

4 『ALIVE』 X JAPAN

日本が誇る伝説のバンドX、彼らの楽曲は思ったより多くないんです。そんな中でもこの曲は泣けます。
TOSHIのハイトーンボイスが聴く者の心をえぐります。YOSHIKI得意のコード進行が楽曲に深みを与えます。激しさとかビジュアルとかが先行しがちですが、楽曲の作りは繊細で何度聴いても良くできてるなと勉強になります。

5 『ペピン』 Blankey Jet City/AJICO

小田和正では美しすぎるのでワタシはベンジーの声で泣き虫青春を送りました。
失恋ソングとしてタイムリーに聴いたこともあり、いまだにこの曲のあのギターの音がぐさりと刺さっています。
後にAJICOというバンドでUAと一緒にこの曲を歌ったverがありますが、これ鳥肌モノです。

6 『STRONGER』 吉井和哉

STARLIGHT (初回限定盤)CD DVD

新品価格
¥3,300から
(2015/7/3 21:23時点)

妻の影響で聴き始め、ツアー初日に行ったこともあり忘れられません。
と言ってもイエモンだろうし…っていういままでの先入観も全て吹っ飛ばしてくれました。ライブverをもう一度聴きたい。
しかし、先日結婚のニュースが舞い込んできて今我が家では禁句のような扱いになっています…

7 『昭和』 長渕剛

昭和

中古価格
¥48から
(2015/7/3 21:25時点)

個人的な問題で涙を流すことはしょっちゅうですが、世界的に大きな喪失に人はなかなか敏感になれないものです。
失われた景色とか、時代とか。
もっと突き詰めれば、年を取るということはとても残酷なことで、そのことに気づかされて切なくなる。そんな稀有な歌い手です。昨今のムキムキ形態になる前の、ちょうど今作を歌っていた頃が一番鬼気迫るモノがあって素晴らしかったような…

8 『Tシャツに口紅』 ラッツ&スター

歌詞の内容、楽曲、きっと全てが時代にマッチしていたような、そんな奇跡のような時代を感じることができます。
きっと他にも人によってたくさん存在するであろうJ-POP。ワタシにとって永遠のJ-POPがこれです。
夏休み、海水浴の帰り道とかにこれを聴いて独りメランコリックになるのです。

9 『会いたい』 沢田知可子

なんたってこれはサビでもう堪えられずに泣いちゃいますよね、だってあなた、死んでしまったんですもの。
この作品、作曲はあの財津和夫。確かに言われてみれば彼独特の暗さと切なさが同居したような感じがありますね。
余談ですが、財津和夫さんにとってチューリップやソロ作品の中でもこの『会いたい』 が一番売れた模様。

10 『One more time,One more chance』 山崎まさよし

実は超絶ギタリスト山崎まさよしが放つ最高のバラード。
歌えないけど、カラオケでこの曲唄うと勝手に涙が流れる仕組みになっているワタシ。良い歌ですよね、本当に。
ちなみに弾き語ろうとすると違った意味で涙が出そうになります


 

番外編 『CHARCH』 Hawaiian6

「泣ける」曲というよりは、「泣いてる」曲
個人的に名アルバムだと思ってる「SOULS」に収録された本作。Like drawing in the seaの部分は必聴です。
エモいです。そして、こちらがうるっとくる前に向こうが泣いてます

まとめ

前回洋楽限定でやりましたこの泣ける歌特集。やはり日本語歌詞の強みは大きいですね。
番外編は置いといて、日本語の言葉は自然にワタシたちの心に浸透します。

若い頃バンドを組んでいたときはやたらとカッコつけて英語歌詞に憧れましたが、今思うと何をどう伝えるか?ということだったんですね。

本当に伝えたいこと、をどうやって伝えるべきなのか?

これはこれからもずっと考えていくべき課題です。

 

涙活コンピ~世代を超える泣き歌集~

新品価格
¥2,916から
(2015/7/3 21:37時点)


エンターテインメントランキングへ