断捨離の向こう側。今回処分したアイテムたち。

2016-07-12

1週間以上も体調不良が続くと、人間ふと自分の死んだ後を妄想するものです。

 
 
そんなちょっと弱気な妄想に取り憑かれると、今自分が一番大切なことが見えてきます。
 
それはワタシの場合、家族でした。
 
週末からやっと体調が回復に向かい、少し動けるようになりました。そうなると寝ているのも勿体ないので最近導入したばかりのWiMAXをいじってみたり、ブログを書いたりしていました。
 
しかしその間もずっとアタマの中に先ほどの妄想がくすぶっていて
このまま自分は完全に回復することなく死んでしまうのでは?と真面目に考えてしまいます。
 
そして、その考えはある具体的な行動となってワタシを動かしだしました。
 

断捨離の向こう側。一番大切なコトを見つけて。

断捨離の向こう側。

 
まず自分の作業していた空間を見つめ、随分と不要物があることに気がつきました。
不思議とこうなるまでは気がつかないモノです。
 
とにかく捨てる
 
そして印鑑とか年金通帳とか保険とか、そういう大切だけどあまり使わないモノはちゃんと妻に在り処を伝えます。
 
そしてとにかく捨てる
 
いつか使うだろうという考えのもと集まってきた文房具や電化製品のコードなどもまとめて捨てます。
 
死んだら持っていけない
これがさらに断捨離に勢いを与えてくれます。
 

今回断捨離した想い出の品々。

 
断捨離で唯一辛いのがそのモノとの想い出です。
なので今回から処分するモノは写真を撮り、想い出だけはすぐアクセス出来るような状態にしようと思いました。
 
今回断捨離した想い出の品々
 

IXY canon

断捨離したモノixy 
 
ワタシが初めて手に入れたデジカメ。
結婚式の準備などもあって大活躍してくれました。
もう電源も入らないので。
 

ライター

断捨離したモノライター 
 
友人の中国土産。
開けるとすごいチャイナなサウンドが激しく鳴り響くので使用したことは実はない。
でもなんとなく捨てられずに今日に至りましたが、残念ながらここまでです。
 

マウスピース

 
寝ている間の歯軋りが凄まじいようで、妻が知り合いに頼んで作っていただいたマウスピース。
今回の整理でその存在を思い出すも、既に当時とは歯並びが微妙に変化しているようでもう装置できませんでした。
 

ヴィトンの財布

断捨離したモノ財布

 
高校生くらいの時に父親のお古を与えてもらいました。最近まで使っていたのですが、破れたり中の皮が溶けて(?)しまいお札が真っ黒になるのでやむなく引退です。
 

セリーヌのメガネケース

断捨離したモノ眼鏡ケース

 
何故かメガネケースだけあったので、いつもこの中にポケットに残った小銭とかを放り込んでおきました。
これが満杯になるとそのまま口座にって流れを何年もやってましたが、そのあまりに本来とは違う仕事を与えられ、セリーヌさん一気に古めかしくなってしまいました。引退です。
 

 

まとめ

 
 
ここには載せられないようなおもちゃやお菓子のオマケとか、細々としたものを一気に処分し、随分と気分が晴れました。
 
あとはやはり、モノを極限まで減らすというよりは全てがちゃんと管理下にあるか?が大切だと思います。
 
毎日ちゃんと片づけよう。