さあ、冬支度をしよう。

2016-07-12

さあ、冬支度をしよう。

 
ゆっくりと、ゆっくりと。
必ず冬は、来るのだから。

 
晩夏はとても長雨が続き、気分まで落ち込んでしまいました。ワタシの場合は体調まで崩し気がついたら夏が終わっていたような感じです。
 
ワタシ→娘→ワタシ→娘という悪夢のようなローテーションで体調を崩しあい、雨同様に長らく看病をしてくれた妻の精神が崩壊寸前です。
 
みんなが元気になった暁には、何か慰労してあげたいと思いますが。
 
朝晩はすっかり涼しくてもう夏はここにはいないのだな、と思い出させてくれる気候になりました。
つまり「秋」が来るのでしょう。
 
冬支度をしよう1

気分が上がる「冬支度」。

 
今はまだ身体もアタマも想像し辛いかもしれませんが、また寒い冬が来るんです。
 
起床してストーブに火を灯す朝が来るのです。
 
非常に個人的な話ですが、ワタシは冬が大好きです。
そしてそれと同じくらい「冬支度」が好きです。
 
今年の冬はどんな服を着込もうかな?とか
どんな手袋、マフラーをしようかと。
あれこれ考えるのが好きです。
 
夏の海水浴の準備も好きですが、あれは少々陽気になり過ぎてしまい、時間があっという間に経ってしまう気がします。
 
何故だか冬の薄暗さよりも、夏の陽気は寂しく感じられます。
 

2015AW、今年の冬はこれ。

 
さて、そろそろショップの店頭には秋物が並びだしました。秋冬モノは色味だけでなく素材も楽しめるので、眺めているだけで心が弾みます。
 
今年のトレンド傾向としては、「ジェンダーレス」や「ミリタリー」がメンズではキーワードとなっているようです。
 
ジェンダーレスっていうのは、簡単に言うと女性でも着られるような服、性差を超えてアプローチ出来る服と言ったところでしょうか。
 
最近の男性は細い人が増えているので、適度にマッチするのではないでしょうか。
 
そして相変わらず強いミリタリー。
ちょっと前からやたらと迷彩柄が取り沙汰され、店頭でも良く見かけるようになりました。
 
ワタシは米軍規格とか、ミルスペックモノが好きなので、ファッションとしての迷彩よりもより本格的なモノを求めてしまいます。。
 
そしてレディース、メンズ共通して見られるのが
 
大きなシルエットモノ
 
スキニー一辺倒だった流れが少し弱まりそうで、今年はワイドパンツやロング丈のモノが多くなりそうです。
 

 

冬支度をしよう2

冬支度の醍醐味

 
トレンドを意識し過ぎると自分らしさが消えてしまいます。
ファッション、服装は特にその人を表す重要な要素なので自分らしさを大切にしながら、気に入ったモノを取り入れていくことで冬支度はもっと楽しくなると思います。
 
朝、まだ暗いうちからお湯を沸かして珈琲を淹れる。
MacBookを起動させ、冷えた手をマグカップで温める。
 
Wunderlistで今日のやることリストを確認し、自分の作業に入る。
 
そして朝食を作りながら今日何を着て行こうか考える。
 
冬の朝はワタシにとって至福の時間です。