想像力の限界を求めて

4月まで使った今年のモレスキンはこんな感じ。

4月ですが、今年のモレスキンはどんな感じでしょうか?

毎年ワタシはモレスキンのダイアリーを手帳として使用しています。。

かなりハードに使うので半年もすればかなり痛んできます。

仕事のメモにライフログのメモに切り抜きを貼ってスクラップブックとしても使い、落書きにスケッチにとなんでもこの一冊の中に詰め込んでしまうので当然痛むのも早い。

今年はとりあえず3カ月経過した時点での経過観察をしておこうと思います。

diskplusdisk-moleskin
ワタシとモレスキン

2017年、今年のモレスキンはどう?

モレスキン愛用者のダイアリーを使う時のルール

ワタシはモレスキンのダイアリーに対してある程度のルールを決めて毎年使い倒してきました。

最初の見開きはその年のテーマやコンセプトにあったスクラップアートワークを。(だいたい最後にはぐちゃぐちゃなカオスへと変貌しますが)

ワタシが長年愛用しているのがこのウィークリータイプ。

モレスキン 手帳 2017 ウィークリー ソフトカバー ポケット ブラック DSB12WN2Y17

新品価格
¥2,700から
(2016/12/20 06:06時点)

これには理由があって、かつて一冊だけ1日1ページというタイプを使ったことがあったのですが、ワタシの使い方(スクラップブック)をすると恐ろしく膨らみ、最後はノート自体が破損してしまいました。。

なので使い込み過ぎないようにと、ウィークリータイプにし、1週間のライフログや仕事の予定は左側のスケジュール表に。

そして右側には大切なことやメモ、レシートに切り抜きを貼り付けます。

これが基本的な使い方です。

そして1月最初の1ページ目。

この右側には今年のテーマを書きます。

カッコつけたテーマを毎年ここに書いてきました。あと最近だと今年中にどうしてもやっておきたいタスクなんかもこのページに書いてます。

ここはどんどん書き足していくので

最終的にマインドマップ風になります。

あとは余白を埋めるかのようにスクラップブック作業です。

あとはひたすら毎日をこのノートと共に過ごすだけです。

2017年、今年のモレスキン。4ヶ月経過してその仕上がりは?

さあ、今年のモレスキンはと言いますと…

随分控えめに使ってます。

切り抜きを貼ったり加工したりする時間があまりなかったからですかね?今年はちょっと控えめです。

いつものように過剰に切り抜き貼り付けしていません。

考え事とか、家の計画とか、文字は多いです。

しかしいつものように切り抜きを貼り付けたり、スクラップブックのような表現はあまりない。

思いっきり濃度の高い個人情報ばかりなので写真は載せられないのですが、外見はこんな感じです。

これがまたあと半年もすれば膨らんできたり、ボロボロになってきたりして良い感じに馴染んでくるんですよ。

またその頃見てもらおうと思います。

では、素敵なモレスキンライフを楽しんでいきましょう。

 


モレスキン 手帳 2017 4月始まり マンスリー ハードカバー ポケット ブラック DHB12MN2JY17J

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 22:17時点)


 


手帳・手帳術ランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk