想像力の限界を求めて

疲れた大人たちこそ観るべき作品『インサイドヘッド』

『インサイドヘッド』を観て2/disk

 

人が人らしくあるために

感情が存在する

しかし、人は感情によって操られているのか?

それとも感情を操ることで人間らしくなるのか?

 

 

たまにはゴロゴロしようと、家族で休みの日に鑑賞したのですが、これが意外と良かった。

娘を除いて親号泣。

『インサイドヘッド』を観て2/disk

『インサイドヘッド』は大人が観るべき作品です。

安定のピクサー

もうここまで来ると職人技

『トイストーリー』シリーズでその表現力、圧倒的なまでのクオリティを見せつけながら、見事に涙まで誘う構成力に格の違いを教えてくれたピクサー

今回は完全オリジナル作品だということで、否が応でも期待してしまいますがさて…

あらすじ

主人公ライリーはアイスホッケーに夢中な11歳の女の子。仲の良い両親に愛されて育ちながら真面目に育ってきました。

しかし父親の仕事の関係でミネソタからサンフランシスコへ引っ越すことに。

環境の変化の中で自分を見失ない、悲しみに暮れるライリー

…そんな彼女の頭の中ではもっと大変な危機が起こっていたのです。

彼女の感情を司る5つ要素

ヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、ビビリ、イカリたちはライリーの成長に合わせて、その内面世界を築き上げてきていました。

5つのキャラクターたちがしっかりとその役割を果たしていく中、カナシミだけはいつも暗く、誰かの影に隠れ、ちょいちょいドジを踏んでしまいます。

そのドジがきっかけでカナシミとヨロコビはライリーの特別な思い出と一緒に意識の果てに飛ばされてしまいます。

『インサイドヘッド』のみどころ/disk

悲しみのない人生が、果たして幸せなのか?

カナシミとヨロコビがいなくなった脳の司令部は大混乱

何をやるにもうまくいかず、ライリーもまた新しい環境になじめないでいます。

さて、ここで観ている者は不思議な感覚に陥ります。

「主人公はライリー?」

ヨロコビたち脳内の感情たちが指示を与え、そしてその通りにライリーは行動をします。

つまり主人公を操る真の主役はヨロコビやカナシミといった感情たちなのでは?と

しかしその不思議な感覚も序盤だけ

気がつけばそんなことも忘れ、夢中にヨロコビたちの冒険に目を奪われ

そしてライリーの孤独に一緒に不安になる自分がいました。

結局どちらが主体なのか?という問いはそこまで重要ではないのかもしれません。

なぜか日本版は子ども向けにされてしまう

原題ではこの作品は『inside out』つまり直訳すると裏返しということになります。

これはおそらくライリーとヨロコビたち感情が表裏一体であることを表現しているのだと思います。

しかし日本版では「アタマの中」‥まあ間違ってはいないんだけど、、ちゃんと作り手の意志がこもった原題のままでも良かったのは?と思ってしまいます。

思えばピクサー系の作品は日本版になると急に子ども向けのテイストが強くなりがちのような気がします‥

もったいない。。

話が逸れましたが、

この作品は

カナシミの役割

これがポイントだと思います。

人生は楽しいことや気持ちいいことばかりじゃありません。

誰もが知ってるはずですが、怒ったり、不安になったり、嫌悪したり…それはもう良いことのほうが少ないんじゃないかって思う時すらあります。

ライリーのアタマの中で、ヨロコビは必死にライリーを喜ばせ、ポジティブに物事を考えさせることが彼女を幸せにすると信じきっています。

だからヨロコビは精一杯頑張る

他の感情たちをもポジティブにさせ、とにかく頑張る

ライリーの幸せのために

でもある瞬間に気がつくのです

ヨロコビだけでは人生は輝かない

カナシミが混ざることで思い出はさらに光輝くということ

人生、時にはカナシミに浸る時間が必要だということ

カナシミが成長させてくれることがあるということ

ワタシは観ていてまさにライリーと一緒に成長したような錯覚に陥り、気がつけば泣いてました。


 

あとがき

これは本当に大人が観て楽しめます。

というか疲れた大人は是非一度観て欲しいです。

大袈裟かもしれませんが、生きていることを再確認できるというか、もっと自分の感じている感情を素直に表現して良いんだと思えます。

童心に還れる

さすが、ピクサー


インサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,327から
(2016/1/19 21:05時点)


 


エンターテインメントランキングへ

 

Pocket
LINEで送る

Comment (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk