想像力の限界を求めて

《家計防衛》生活費を見直してみる

家計防衛計画/disk

お給料日

支給された喜びも束の間、各々支払いを引いていくと手元に残ったのは微々たるお小遣い…

 

 

 

今年のテーマは「変化」です。

今まではどちらかと言うと変化を恐れ、居心地の良いルーティンに身を投じてきましたが今年は違います。

なんとなく面倒くさいからと放置していた「生活費」にも積極的に関わっていこうと思います。

家計防衛計画/disk

月々の生活費を知ることが第一歩

我が家の生活費の管理は全て妻が担ってオリマス。

ワタシのお給料を一度全て妻に捧げ、そこからお小遣いが支給される仕組みです。

だからワタシは我が家の生活費がどのように使われているのか良く分かっていなかったのです。

まずは家計簿を見せてもらう

妻は毎年同じタイプの家計簿を使っているようです。

各項目、封筒で管理するタイプです。

家賃、保険、光熱費、通信費、食費、幼稚園の学費に習い事…

すごい勢いで消えていきます。。

さらに足りない分は妻のパート代から補填されていました。

これではお小遣いが増えるどころか減る一方なのも理解出来ます。

元が少ない所からどんどん振り分けていくのですから、貯金なんて絵空事…

生活防衛計画

1日だって早くセミリタイアしたいという密かな願望を持つワタシとしては将来に向けて貯金しなくてはいけない…それは冗談としても娘のために貯金をしなくちゃいけません。

貯金をするために、生活防衛計画を立てることにしました。

ワタシが今使っているのがZaimというアプリ。

これを家計簿代わりに使用しています。

何にいくら使ったのか覚えてますか?アプリZaimでお金の流れを見えるようにしよう。

 

今までは自分のお小遣いの範疇でしかZaimが機能していません。今回は我が家の支出を確認してみたいのでZaimではなく手書きでチェック。

 

収入

家賃

光熱費

通信費

娘の学費

必ず消えてしまうものを確認すると、既にこの時点でかなりきわどい状況に…

今まで良くやってきてくれたなーと、自分の無関心ぶりに愕然とします。

 

今回色々確認してみて分かったことは

通信費、高っ‼︎

スマホ料金が高い高いと国の首相がおっしゃるほどだというのに、完全に他人事でして

で、今回初めて実感

スマホ料金、高っ‼︎

我が家のスマホ料金は妻と2人合わせて17000円ほど…

これは高い。。

更に昨年よりネット環境を少し改善しようとWiFiも契約してしまい通信費だけで2万…

これは高い。。

いよいよ今年は本格的にちゃんとしなきゃいけない年になりそうです。


 

あとがき

なんとなく見返してみたら実は目立たないように底辺が大暴れしていました。東京事変か⁉︎って言うくらいベースが暴れてました。

気が着かなかったワタシも問題ありですが、とにかくこの家計問題

一体何から始めたら良いのか?…

とりあえず問題点が明確になっただけ良しとしてビールを飲みます。


かんたん! 袋分け家計簿セット

新品価格
¥540から
(2016/2/5 05:54時点)


 


ライフハックランキングへ

 



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk