ビデオカメラ選び2015。現在HDR-CX670とHC-V360M-Kで悩み中。

2016-07-12

悩めるビデオカメラ選び。一体おすすめの機種はどれなんだ?

 
気軽に映像で過去を振り返ることのできる世の中です。改めて考えるとすごいですよね。

 
 
前回ビデオカメラを探している理由を書きましたが、今日はそこから更に一歩踏み込んで具体的に何を買えば良いのか?
半ば自分のためにリサーチした結果をまとめてみます。
 
 
PanasonicとSONYで悩む。

ビデオカメラ選びは自分にとって大切なことを決めることから始めよう。

 
まず探すにあたってワタシのターゲットとなるポイントを先に書いておきますと、、
 
  • ・娘の成長記録が主な目的
  • ・ファミリー向けで良いのでそこまでハイスペックじゃなくて良い
  • ・なるべく携帯性の良いモノを。
  • ・出来れば安く抑えたい…
 
と、ありかたりなある家族の要望のようなテーマが完成してところで早速探してみましょう。
そして最終的に2機種への絞ることになるのですが、、
 

おすすめポイントと確認事項

 
当然のことながら、技術は日々進歩しておりビデオカメラだって例外じゃありません。
最近では高画質であるフルハイビジョンは標準、4K対応のビデオカメラまで登場しています。
 
フルハイビジョン(フルHD)とは200万画素以上のことを指し、4K対応とは1000万画素のことです。説明雑ですいません。
 
ワタシは今までiPhone6で娘の動画を残してきましたが一応800万画素あります。ちなみに先日発表されたiPhone6sは1200万画素になるようです。
 
数字上だけを見ればiPhoneでも充分かな?とも思いますが、やはり10倍以上の光学ズームとビデオのためだけに内蔵ストレージがある程度必要なことを考え、ビデオカメラを探します。
 
なのでまず確認すべき事項は
 
  • ・画素数/撮影素子
  • ・ズーム機能
  • ・内蔵ストレージ(またはSDカードを使えるか?)
 
ですね。このご時世これらは標準装備かとは思いますが、一応。

テーマに沿っておすすめ機種をリサーチする。

 
ここから具体的に機種をリサーチしていこうと思います。
先ほど確認した標準装備がちゃんとあるかを見て、そこから自分の用途にあったモノを探してみましょう。
 
今回ワタシのテーマをまとめてみると、そこまで高画質じゃなくても良いし、出来れば安いほうが良いというのがあります。
 
その瞬間は二度と戻らないから、しっかりと高画質で残したいという考え方もありました。(今も少し…)
でも、結局この手の成長記録や想い出って見ている方は全員参加者、当事者のケースが多いです。
 
ちょっと離れて家族・親族くらいまでですかね。
 
そうなると映画なみの美しい映像じゃなくても、とにかくバンバン気兼ねなしに撮影して、ゲラゲラ笑いながら家族で振り返るような使い方で良い気がしました。
 
だから無理してハイスペックなモデルでなくても良いかなと。
 
そうなると、どうやらワタシの条件に当てはまるのは巷では「エントリーモデル」と呼ばれている領域になるようです。
 

どこに重点を置いて選ぶか?

 
だいたい売り場に行ってみると思うのはみんな同じようなモノが並んでいるのに値段にかなり開きがあるということ。
 
この価格の差はどうやら撮影素子の差、らしいです。
以前一眼レフを購入する際にも接客で説明されたのですが、撮影素子とはCMOSセンサーというモノのことで詳しくは‥
 
イメージセンサとは、人の目の網膜の部分にあたり、被写体をセンサの受光面に結像させ、結像した像の光の明暗を電気信号に変換(光電変換)して、変換した信号を順次読み出すことで、画像を映し出すことができるデバイスです。
 
 
               技術情報/SHARP より引用
 
なので値段相応の撮影素子ということになりそうです。
財布が許す限り、このセンサーの良いモノを探したほうが良さそうです。
 
 また、ワタシの条件の一つに「携帯性」があります。
 
高価なハイスペックモデルはみんな重たい気がしました。
おそらくワタシが必要としない機能なんかも付いているからかと思われますが。
 
こういう言い方は語弊がありますが、安いモノのほうが軽くて扱い易そうだなというのが実際の印象です。
 

HDR-CX670とHC-V360M-Kで悩み中。

 
現在悩んでいる2機種を比較します。
 
さて売り場をウロウロしたり、ネットの情報を集めたりした結果、幾つか候補が出てきました。
 
ワタシが個人的に悩んでいる代物たちをピックアップしていきます。
 

①SONY /HDR-CX670

SONYのHDR-CX670

エントリーモデルとしては充分過ぎるほどのスペックで売れ筋ランキングでも堂々の1位を獲得しています。(価格ドットコム参照)

 
カメラ本体がぶれても、レンズ部だけは独立した球体のように内部で水平を保つ「空間光学手ぶれ補正」機構を採用しており、光学式の中でも高レベルの補正が可能です。
 
当然ワタシの欲しい機能は網羅しています。
 SONYは一眼レフを作っているメーカーですし、暗い場所での撮影にも強いと聞きました。
 
本体重量は305g。撮影時間は150分。
 
強いて難点を挙げるとすれば記録媒体がSDカードではなくmicroSDだということでしょうか。
 
一つ下位モデルもあってそちらは更に安価なのですが、ズーム機能にちょっと不安が残りますので敢えてこちらをエントリー。

②Panasonic /HC-V360M-K [ブラック]

PanasonicのHC-V360
 
非常に価格が魅力的な本機ですが、安価なだけでなく機能も充分ワタシの要望には応えてくれそうです。
 
本体重量は213gと軽く、携帯性も抜群です。
こちらは連続稼働時間は125分。
 
 パナソニックの強みは何と言っても「ズーム機能」。
店員さん一押しはパナソニックでした。(特にワタシが子どもの運動会とか?と条件を出したからだと思いますが)
 
ズーム機能は先ほどのSONYよりも倍近くあり期待できます。
やはり運動会とか幼稚園のイベントとなると遠くから狙うことになる場面が多いので、これは嬉しい機能です。
 
何度も言いますがそこまでの高画質である必要はありませんし、ワタシだけでなく妻も使いこなせると尚良いワケで、この手軽さはかなり魅力です。
 
 
今回は悩める途中を中継しましたが、実際に購入したらレビューしたいと思います。
 
先にテーマをまとめてから探したので思いのほか早く候補機種がみつかりました。
やっぱり大切なのは、どれだけ素晴らしい商品について調べるか?
よりまずは自分が何を必要としているのか?ですね。
 
そこをしっかりと見極めてからリサーチすることで欲しいモノがスムーズに探せたような気がします。
 
ではまた購入したらその時にでも。