想像力の限界を求めて

ゼロキューブ、本当に1000万で建つのか?

zero-cube-1000man/disk

理想の家をゼロキューブで実現させようと思ったワタシ。

ローコストでオシャレなゼロキューブ、さて本当に`1000万で建つのでしょうか?

実際にゼロキューブでおねがいすることになったワタシが体験談を交えながら、本当にローコスト住宅としてZERO-CUBEが1000万で完成するのか検証します。これからゼロキューブを検討している方の参考になれば幸いです。

zero-cube-1000man/disk

話題のローコスト住宅、ZERO-CUBEは1000万で建つのか?

まず結論から言うと

建ちません。

1000万は本体価格ですのでまず消費税がかかります。今だと80万ですね。そう考えると高いですよねー消費税。ただ買い物しただけでこんだけかかるんですから‥‥

話が逸れそうなので戻ります。

ゼロキューブの本体価格として1080万かかります。

この時点で1000万では建たないことは分かりました。

これは当然誰もが想定内だと思います。特にこのZEROシリーズはこの1000万をベースに自分の希望をプラスしていくやり方です。

だから何もしない、希望はない。ベースだけでよいから1000万で建つのか?

を知りたいという人もいるでしょう。ワタシもそうでした。

では続けていきましょう。

まず可能性としてゼロキューブの中でも一番シンプルな3LDKのタイプでこの値段です。

当然仕様を変えればその分高くなります。一部屋追加するタイプや屋上を追加するタイプ、バルコニータイプなどなど、これらをやろうと思えば勿論値段はかさんでいきます。

一部屋足す+ボックスというやつで200万追加、そんな感じです。

必要ない場合はまだ1080万でいけるはず‥しかし‥

その他にもオプションや設計の変更に伴う料金に照明、カーテンレールなど見落としがちな部分も当然かかります。

さらにさらに‥

そこから更にかかる経費として諸経費がまずかかります。

保証料とか手数料とか行政書士とか諸々‥これが結構かさみます。

さらに当然ですが土地代が別に必要になります。

土地があれば問題ないのですが、土地から探すとなると結構たいへんでした。

土地代、諸経費に本体価格。そしてオプション代。。

最後に外構工事‥

やりたいことをやりたいだけやれば当然かなり金額は増えます。

完全注文住宅なみにかかるでしょう。

じゃあ結局ローコストではないのか?

確かにやりたいことをやれば高くなる、これは確実に言えることです。

しかしこれは注文住宅だったら当然のことだし、完全注文住宅で同じようなことをやれば到底ワタシは手が出せないほどの見積もりとなって出てきたことでしょう。

ワタシでも全て理想通りに挑戦できた、ということがローコスト住宅だからこそだと言えるでしょう。

また工事費や設計費など相談すると意外と相談に乗ってくれるというか

これは一概には言えないと思いますが、結構臨機応変に対応してもらえました。本来ならば一部屋追加するのに200万かかるところをちょっと小さめな部屋にすることでかなり格安にしてくれたり‥

結論から言うと確かに1000万では全然建たないのではありますが、それでも他ハウスメーカーで完全に注文住宅を建てるよりははるかに手が出せる範囲だとは思います。

ワタシはこのゼロキューブという企画に惚れ込んだので決して高いとは思いませんでしたが、、さてどうでしょう?

ゼロキューブを迷っている人は是非一度実際にモデルハウスで見てみることをオススメします。

価格と内容を体験してみてその価値を測ってみると良いでしょう。

 





 


ライフハックランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk