子供がいる生活は辛くて大変なだけなのか?激変したライフスタイルを振り返る。

2017-07-12

我が家には今年4才になりたてほやほやの娘がいます。

ミニラ似の彼女が毎日暴れてくれるので、我が家は日々喧騒の真っ只中という状況になります。 この小さな怪獣が誕生してからワタシの生活リズムはかなり変化しました。

待機児童問題はまだまだ解決する気配もなく、男性の育休なんてのもはっきり言ってそこまで浸透するか微妙なこの時代に、子供を生み、育てていくことはとても大変なことです。

ですが、子供がいると大変なことばかりではありません。

当然そこには子供のおかげで味わえる幸せもあるのです。

子供が与えてくれる幸せが。

mygirl-2017

子供がきっかけでライフスタイルは激的に変化した。

ワタシは結婚してからも好きなことをやり続けてきました。

具体的な目標も計画も持たず、将来に対して貯金をすることもなく、絵を描いたり、音楽を作ったり‥と本当に好き放題やってきました。

当然タスク管理なんて概念すらありませんでした。

そんな自由奔放な生活は、娘の誕生によって激変しました。

子供の将来、これからの自分のこと、そして何より家族全体のことを真剣に考えるきっかけとなりました。

今思えばこの変化はとても大切なことで、本当に良かったなと感謝するばかりです。

では実際にワタシのライフスタイルに生じた変化を教えましょう。

ワタシに起きた具体的な変化

  • 早起き生活へ
  • コレクター的蒐集癖から断捨離ミニマリストへ
  • 作業スペースの縮小
  • また作業内容も縮小
  • 家事・育児への参加
  • タスク管理の導入

今のワタシにとってどれも重要な変化です。

おそらくこの変化がなければ今こうしてブログでセルフブランディングを試みることもなければ、自分のやりたいことをうまくパッケージングすることもなかったでしょう。

良い意味でメリハリが生まれたのだと思います。

確かにそう思えるまでにはたくさんの大変なことがありました。何せすべて子供中心の生活になりますからね。

ライフスタイルに起こった変化

親の時間はない。

ワタシはサラリーマンなので当然仕事の時間があります。

男性は唯一社会に出ることで時間を捻出することが可能ですが‥

仕事が終わって家族でご飯を食べる、そんな簡単なご飯を食べるということが一筋縄ではいきません。

 機嫌が良ければミニラのように暴れるし、機嫌が悪ければまたミニラのように暴れます。

4才になって言葉でのコミュニケーションがだいぶ取れるようになりましたので、最近はそこまで大変なことではなくなりましたが、子供がいるというだけで当たり前のことが当たり前に処理出来なくなるのです。

毎回何をするにもこちらの想像以上の動きをするので、とにかく自分の時間が貴重になります。

一日中一緒にいる母、つまりワタシの妻にとっては家族が寝静まった後にひと息つくのが至福の時間だそうです。

作業するタイミングも限られる

ワタシは今でもこじんまりと絵を描き、曲を書きますが、その作業の全てを担うのがMacBookです。

これ、ミニラにとっては魔法の箱のようでとにかくワタシが使っているとやってきます。触りたくて仕方がないようです。

 つまり、ワタシも娘がいない時間じゃないと作業が進まないということに。で、朝早く起きることになりました。

早朝作業のススメ。

朝型はこれだけ良いことがあります!ってよく読んだり聞いたりしていたので大袈裟だろうと思っていたのですが、実際やってみるとなかなか気分が良いです。

 慣れるまではベッドから起き上がるという試練があまりに大きく感じますが、慣れてくると案外いけるものです。(冬はやっぱり辛いですが…)

まだ暗いうちからノソノソとお湯を沸かして珈琲の準備をし、MacBookの電源を入れて自分の好きなことをやる。

一日で一番贅沢な時間をワタシは最初にやってしまいます。

 夜は何かと急用(お酒)が入りがちですので、朝型になってやっと計画通りに事が進むようになりました。 

早起きを習慣にしたことはとても有意義でした。強いてデメリットを挙げるとすれば夜起きてられない…点でしょうか。ミニラと一緒に眠りに落ちる日も少なくありません。

物に溢れる暮らしを見直す。

また、これも必然性から蒐集癖から断捨離へと生活空間をかなりシンプルにすることになりました。というのもおもちゃ、洋服、絵本と子供の物でどんどん物が溢れてきます。

子供の持ち物を勝手に捨てるのは気が引けるので、先ずは自分たちから。

夫婦で断捨離生活をスタートしました。これに関しては今後かなりゆっくりと書けると思いますので、また改めて。

子供がやってきてライフスタイルは変化しました。

それは暴力的と言って良いほど強制的な変化を強いられましたが、今にして思えばそれはワタシにとって非常に価値のあることでした。

すべてが子供を中心とした生活になりますが

今までの自分がガラリと変わる感覚を味わえる。

これは人生の中でそう簡単に体験出来ることではありませんからね。

日々凄い勢いで成長していく娘。

ある意味、子育ては最高の創作活動なのかもしれません。


いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

新品価格
¥1,728から
(2017/7/12 23:04時点)