連休は本棚を片付けたい。

2016-07-12

ゴールデンウィークですね。ワタシはカレンダー通りの休みなのでそこまで恩恵を受けることはありませんが、それでも日頃から休みが少ないので嬉しい限りです。そしてこうまとまった休みがあるとあれもやりたい、これもやりたいと欲が出ます。

普段取り掛かれない本棚の片付けをしたいとか‥

PR
 ┏━━━━━━━━━★ 買 取 王 子 ★━━━━━━━━━━┓
 ┗━━━━もう見ない本・DVD、宅配便で買取いたします!━━━━━┛

詳しくはコチラ!↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HLRVP+5YXL8Y+32SM+BXB8Z

 

今までの人生はどちらかと言うと物を集めることに重きを置いてきました。

本、DVDにCDはもうコレクター精神が成せる業と言いますか…とにかく大量に集めたものです。
 
今、ワタシは物を持たない主義へと変貌しつつあります。正確に言えば物に支配されない生き方をしようと決意し強引に自分を矯正している段階です。
 

物からの解放。

 
コレクター精神というのはなかなか病質的なもので、1度頭の中でスイッチが入ってしまうと何が何でも揃えたくなります。
不要だと理解していてるにも関わらず手に入れたくなってしまいます。
 
そして物に支配されてしまうのです。
 
実際、日々の暮らしの中で本当に必要な物は限られているもんです。明らかに物を過剰に所有しているのが現状でしょう。
 
ワタシは震災を経て、この物に支配されている生き方に疑問を持つことが出来ました。
 
「死んだら物は持っていけない…」
 
ええ、当たり前ですが
当たり前なんですがこれが意外と気がつかない。
だから揃えちゃうんです。買ってしまうんです。
 
以前も物を減らそうと考えた話を書きましたが、今回は我が家で最大の難所と思われる本棚をどうにかしたいと考えてオリマス。
 

最難関・本棚マウンテン。

 
何をするにも準備が大切です。
特にこの難所をクリアするためには入念過ぎることはないのです。
 
まずはこちらをご覧ください。
 
diskdisk-room1
 
ぎっしりと詰まった本棚。
小説にCDに雑誌に保存食。(DVDは別の棚にストック中です)
 
これでも大幅に削減したんです。
 
本は二回以上読み返した上でまだ読むと思った物だけを残してあとは処分。あと新撰組の資料、CDはほぼiTunesに入れて車で聴きたいと思った物以外は処分。
 
目標はこの本棚ごと捨てたい。
 
本棚ごとです。
 
しかし何度試みても失敗します。
 

本棚を捨てられない理由。

この本棚には思い入れのある本やCD、そしてワタシの過去の日記とスクラップブックが格納されています。
 
全て思い入れが強いモノになります。
 
これが本棚攻略の大きなハードルになっているのです。日記は特に個人的な物になるので捨てるのも躊躇しがちです。(だいたい日記は燃えるゴミの日なのか、資源ゴミの日なのか迷います。)
 
小説やCDは自分が使い込んだ分だけ汚れや傷がついていますが、その傷を愛着と呼ぶのであって実際は味わえれば問題ない筈です。
 
本ならば読めれば良いし、CDならその音源を聴ければ良いのです。
 
最近密かに企んでいるのですが
iPadとかタブレット端末を我が家に導入し、その中に本棚を入れ込んでしまおうかなと。
 
まだ調べている最中ですが、本や音源はデータ化してしまえば本棚なんて必要ない筈です。
個人の日記だってスキャンしてしまえば端末の検索機能によってより扱い易くなるのではと思っています。
 
問題は電子書籍リーダーとワタシが上手く付き合えるのか?
 
そしてやりたいことの必要容量はどのくらいなのか?
 
まだまだ構想段階ですが、確実に本棚攻略に近づきつつあります。楽しみです。
と言いながら今日も本棚を眺めては遠い目をしています。
 

清く正しい本棚の作り方

新品価格
¥1,836から
(2015/5/1 05:32時点)

 


ライフハックランキングへ