OHTOリバティというコスパ最高の筆記具。

2017-08-07

ワタシも社会に出て10年が経ちます。

まったく好きなことだけしかしてこなかった男も、10年社会に揉まれると何とか使い物になるようで、今のところ無事に社会人生活を送ってオリマス。
 

 



 
社会に出てすぐはそれこそネクタイの締め方すら歯痒い感じで何もかもが新鮮で緊張の連続でした。
まだ学生気分が抜けておらず、なんだかわからないまま過ぎてしまったような気もします。
 
ワタシは何度か転職を経験しているので、職場環境がその都度ガラリと変わりながら今日に到ります。
 
仕事上沢山の方たちと知り合って、尊敬する人や刺激を与えてくれた人、ソリが合わない人もいれば反面教師的な人…それはそれは色々な方々と出会ってきました。
 
その中でもワタシにとって刺激を与えてくれた人や尊敬出来る人たちには決まって共通することがありました。
 

デキる男は筆記具にまで抜かりなし。

 
不思議なもので今までこの人すごいなと思った人は皆、ちゃんとした筆記具でメモを取っていました。良く出来る人は靴を見ろとか、自分に合った服装をしている人はすごいとか聞きましたが、ワタシのチェックポイントは筆記具でした。
 
スーツの胸ポケットから覗くペン
 
商談中にメモを取るペン
 
意識しなければあまり気になりませんが、ここでちょっと気を配ってみると相手にとっての印象も変わるかもしれません。
 
ワタシが遭遇したのはそれこそ個性派からブランド派まで幅広くいましたが、安いプラスチック製のボールペンを使っている人はいませんでした。
 
ワタシは手帳や文具などが昔から好きだったこともあって、筆記具も割とこだわってきました。今までにも色々なペンを試してきました。
書き心地や見た目、そして何より価格。
 
やっぱり優れたモノは何だって高価になりがちですが、探せばこの値段で?!って感動するアイテムだってちゃんとあるのです。
今回はワタシが愛用している「安価」でもしっかりしている筆記具を紹介します。
 
disk-ohtoliberty1 

コスパ最高。OHTO 社 リバティという名のボールペン。

 

オート ボールペン 水性ボールペンリバティ ブラック CB-10NGL-BK

新品価格
¥883から
(2015/4/20 05:35時点)

 
パッと見た感じ高級感漂うこの佇まい。
 
モレスキンとの相性もピッタリです。
 
disk-ohtoliberty2
 
 
このリバティというのは万年筆っぽい雰囲気ありますがボールペンです。
芯を別に購入する必要がありますが、合わせて買っても1000円くらい。ネットで探せばもっと安く揃えられると思います。
 
芯の太さも多種ありますし、本体もサイズ違いがありますので好きな組み合わせで楽しめます。
(ワタシは一番大きいケースに0.7のリフィルを使用しています。)
 
適度な重量感もありグリップ感も良好です。
主に仕事では胸ポケットに差して存在感を発揮してもらい、また趣味ではこれでスケッチすることもあります。
 
disk-ohtoliberty3
 
 
かれこれ2年使いましたが、じっくりと経年変化というか傷もついてきて尚のこと愛着が湧いてオリマス。
 
今のワタシが社会人として何とか無事でいられるのもこのボールペンのお陰‥‥とはいい難いものですが、普段気にしない所にまで気を配る、というのは意外と大切なことなのかもしれません。
 
 
 
そろそろちゃんとした筆記具をお探しの方
いきなり高級な物は抵抗ありますよね。
 
一先ずこれでエントリーしてみると良いのではないでしょうか。
 

できる男は、ここが違う

新品価格
¥1,296から
(2015/4/20 05:34時点)

 


手帳・手帳術ランキングへ