いざという時の為に自分のデータベースをどう守るか?非常事態に備えよ

2016-07-11

地震発生!その時何を守るかちゃんと分かりますか?

先日、関東でも強い揺れがありましたね、

5月16日21時23分頃、関東地方に強い地震が発生しました。

妻は娘を寝かしつけるため寝室に、ワタシはホロ酔い気分でパソコンいじっていたら

「ミシっ!」って音と共に地震が発生しました。

緊急時に備えよう/disk

緊急事態発生!その時、何を守るか決めておこう。


PR


幸い甚大な被害になることはなかったのですが、いつか必ずやってくると言われる関東大震災。

忘れてるワタシには大きな警鐘となりました。

さて、こう中規模な緊急事態が発生するとワタシは毎回思うことがあります。

例えば、食料や水をもっと多めに買おうとか

防災グッズをちゃんと揃えようとか。

でも一番真剣に考えていることは

データベースをどうしよう?

ということです。

いざという時の為に自分のデータベースをどう守るか?

もちろん命が第一ですよ。

ワタシと家族みんなの命が最優先です。

しかしちょっと落ち着くと今迄集めたワタシのデータベースは??

思い出は??

ということで完全に自分専用の緊急事態対策マニュアルを作ることにしました。

disk-check1

自分専用緊急事態対策マニュアル

命が一番大切です。何度も言いますが、これ何度も言い聞かせないとワタシの場合火事の家の中にハードディスク取りに戻りかねない。

もう一度言っておこう

命が最優先。

さて、ここから緊急事態を想定した対策マニュアルを作成します。マニュアルというより持ち物リストですかね。

これがあれば今後、地震とかの時にこのリストをもとに対応できる……はずです。

フェーズ1

ライフラインではないが大切なモノ。

×  MacBook  

逃げるのに重過ぎ…電源を落としソフトケースに入れておこう。

◎   スマホと充電器  

きっとどんなに大変な事態になっても電気が復旧すれば充電も可能になるはず。今やiPhoneはワタシの全てであります。情報はもちろん、緊急時には重要なツールになるはずです。

◎  モバイルバッテリー  

先ほどの項目とかぶりますが、復旧するまでの間を如何に通信機器を生かしておけるかが重要です。何せ情報は命綱。

○  貴重品  

果たしてこれがどのような意味を持つのか分かりませんが、印鑑とか通帳とかその他重要書類の数々です。一応一まとめにしておいてすぐ持ち出せるようにしておきます。

○  外付けモバイルハードディスク

ワタシのMacBookは重たいので逃げ回るのに非常に困難が予想されます。そのためMacBook内のデータはハードディスクの中に入れておきます。

△  アルバム/ファイル/ノート

これはもう現実味がない話ですが、今までの写真たちやスクラップファイルに作業ノートたち。

出来れば持ち出したいのですがスモールライトでもない限り不可能な量。現在せっせとスキャンしてEvernoteとDayOneに分けてストック中です。

○ 水/食料

正直言ってこれは限界があります。カバンに入る限りは携帯したいと思うのですが、、前回東日本大震災の時コンビニですら食料が買えない体験をしたのでとにかく小さくかさばらない飴やらチョコやらは持ち歩くようにしようかなと。

結局のところ、人間には思い出というのがあってこれが非常に厄介な持ち物であることがわかりました。

そしてハードディスク、写真をデータ化してせっせと持ち運べるように現在作業を進めてますが、きっと有事のときに冷静にハードディスクを持ち出せるか自信ありません。

とにかく生き残ること、これが大切なことです。

思い出はワタシの脳内に存在します。

生きていればそこからまた新しく始めることができますからね。

ここ数日は余震に気をつけましょう。


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

新品価格
¥11,880から
(2016/5/20 05:29時点)


 


ライフハックランキングへ