想像力の限界を求めて

階段下に自分の居場所を作りたい。理想の家を目指して。

階段下に自分の居場所を/disk

細かい部分が気になって仕方がない男の家作り。

今度はどこ⁈

細かい部分にこだわりたくて仕方がない男の苦悩。

前回家作りという巨大なプロジェクトを前にあまりに細かい部分にエネルギーを注いでいることが判明しましたが、今回はその続きです。

最近の個人的流行語大賞は

「神は細部に宿る」です。

家作りはディテールにこだわりたい2

前回は「スイッチ」でした。スイッチも重要ですからね。

どうせ家を建てるなら、細かい部分までしっかりとこだわりたい。

今回、細部と言いますか自分の作業スペースに関しての悩みごとです。

 

階段下に自分の居場所を/disk

階段下に自分の作業スペースを作る。

先日窓の位置を決める時に突如迷い始めた作業スペース

階段下という限られた空間の中で一体どれだけ自分の要望が実現できるのか?甚だ疑問ですが、この家作りで唯一自分のこだわりを追求できる場所ですのでここはしっかり取り組みたいところ。

敢えて収納にはしないという潔さ。

まず基本のテーブルカウンター。

こちらは幅が120センチあるようです。

ここを机代わりに作業していくことになります。

だいたいの作業はMacbookで行うのでこのマシンが置けてさらにプラスαノートや手帳が広げられるスペースが必要になります。

さらにカウンター下にプリンターやスキャナーといった機器も常設したい。(今はその都度クローゼットから出してきて使用しています)

接続機器用にカウンターの奥に穴を開けることができたら面倒な配線もすっきりすると思います。

さらに前回も言いましたがここに見せるコンセントカバーを設置したいですね。

敢えて見せるコンセント。

かっこいいですよね。

明工社 連用ステンレスプレート埋込ダブルコンセント用

新品価格
¥252から
(2016/6/29 05:39時点)

階段下ということでどうしても上が三角になってしまいます。ちょっと無駄な空間が生まれてしまうのですが、これは仕方ありません。

ここの使い方はまたおいおい考えましょう。

自分の作業スペースが持てるということでまた色々欲しいモノが出てきました。

Macbookの買い替えは勿論、スピーカーとかさ。

とにかく今は最高の空間を作ることだけに意識を集中していこうと思います。


「最高に心地のいい家」のスタイルを見つける方法―どんな家にしたいのか?場所別部屋別に理想のスタイルが分かる! 選べる! (別冊プラスワンリビング)

中古価格
¥494から
(2016/6/29 05:40時点)


 


ライフハックランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk