想像力の限界を求めて

モレスキンの日記帳を買ったらやること

今年のモレスキンを買って/disk

モレスキンの手帳を買ったら、まずやることがあります。

もう何年も続けてきており

これをやって初めて新年がスタートした気持ちになります。

今年のモレスキンを買って/disk

少し遅れてしまいましたが、今年の手帳を下ろします。

勿論モレスキンです

そしてもう何年もこのソフトカバーのWeekly Notebookというタイプのモノを使用しています。

今日は長年モレスキンを愛用してきたワタシが、毎年モレスキンを買ったらまず最初にやっていることをまとめます。

 

 

モレスキン愛用者が長年続けている、買ったらまずやること。

もうかれこれ10年近くモレスキンを使用しています。

そして、毎回使いはじめる前にやっていることがあります。

もういつしか習慣というか、癖になってしまっているのでただの自己満足の領域ですが、これをやることで自分の中で気が引き締まり書き始めるぞという感覚に包まれます。

 かなり自己満足ですが‥

①去年の手帳を見直す

これがかなり大切です。

ワタシの場合は毎年同じ手帳を使用していますので、昨年まで使っていた手帳を見返すことから始めます。

特に仕事柄年末年始はかなり忙しいので、このタイミングで手帳がまっさらにリセットされるてしまうとかなり支障をきたします。

まずは昨年まで使っていた手帳を見直します。

特に年末や、プロジェクト、進行中の仕事関係のメモは欠かさず新しい手帳のほうに書き加えます。

少し話が逸れますが、毎年手帳にメモや切り抜きを貼り付け、拡張していくために同じタイプの手帳とは思えないほどグロテスクに変貌します。

写真は一年使い終わった後のモノと、これから使うモノとの比較です。

手帳はモレスキン2016/disk

②帯は取っておく

帯と呼ぶのが正しいのか分かりませんが、購入した時に手帳にそのノートの情報が載っている帯がついてくるはずです。

ここにその手帳のタイプ、詳細が書いてあるはずです。

ワタシの場合は

ウィークリースケジュール+ノートダイアリー ソフトカバー

と書いてあります。

これを毎年ワタシは巻末のポケットにしまっておきます。

例えば他人にどのタイプを使っているのか聞かれた時や、もう慣れたので流石にありませんが、また来年購入する時に迷わないようにです。

手帳はモレスキン2016-2/disk

③毎年のトップページにコラージュとテーマを

毎年冒頭ページにお気に入りの切り抜きやスケッチを書いて気分を高めています。

かなり自己満足ですが、これをやらないと何だか使いづらいというか‥

今度改めて過去のトップページをまとめてみるのも良いかもしれません。

モレスキンのトップページ/disk

今年は大好きな新選組の切り抜きをピストルズ風にコラージュしました。

 


 

あとがき

自分ルールってありますよね?

今回はその典型

かなり自己満足の世界です。

もう何年も使い続けてきたモレスキンの日記帳

でもやっぱり毎年使いはじめる時は少し緊張します。

最初のページは心なしか字も丁寧です。

ここから使い倒していき、また年末が近づく頃には不格好に膨らんだワタシだけのノートに変身します。これがなんとも言えない楽しみなのです。。

 


Moleskine 2016 Weekly Notebook, 12M, Large, Black, Soft Cover (5 x 8.25)

新品価格
¥3,326から
(2016/1/5 20:50時点)


 


手帳・手帳術ランキングへ

 



 

Pocket
LINEで送る

Comment (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk