想像力の限界を求めて

究極の家族愛『父からの手紙』で号泣【ネタバレなし】

『父からの手紙』を読んで/disk

読み終えて泣いた。

割と混んでいる通勤電車の中で…


PR


 

娘が生まれてからワタシはとにかく「子ども」が関連するモノに敏感になりました。

初めてのおつかいだって真剣に見ちゃいますし、最近多い子どもが犠牲になる事件をニュースで見ると本当に胸が痛くなります。

さて、そんな弱点を抱えたまま「父からの手紙」を読みました。きっとヤラレちゃうって分かっているのに…

『父からの手紙』を読んで/disk

涙必死、究極の家族愛『父からの手紙』で泣く【ネタバレなし】

先に言っておきます。

今回はネタバレさせません。

是非この作品を予備知識なしで味わい、その愛に涙して下さい。

あらすじ

 家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。十年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う。婚約者が死体で発見され、弟が容疑者として逮捕されたのだ。姉弟の直面した危機に、隠された父の驚くべき真実が明かされてゆく。 完璧なミステリー仕立ての中に、人と人との強い絆を描く感動作!光文社より引用

 

感想

ミステリー作品としても充分読み応えのある展開で、どんどん読み進めることができると思います。主人公麻美子の視点から描かれるパートと、刑務所から出てきたばかりの圭一という男の視点で流れるパートとの構成が交互に展開します。

この二人はお互いの存在を知らないまま過去を探って行く中で出会い

そして浮き上がる衝撃の真相‥

 

しかしこの作品の核は「愛」です。

それも父から家族への愛

果たしてワタシはそこまで家族を愛することができるのか?そんなこと考えながら読んでいて最後、真相に辿り着いたには泣きました。

例えば親になることで自分の親の気持ちが分かるようになることがあります。

不思議なもので結局のところみんな誰かの子どもなんだという当たり前のことを考えました。

自分の親がワタシに注いでくれた愛情を、今親になってしみじみと感じました。

ワタシも娘に与えていこうと思います。

今回はネタバレしないと言った以上、なんだか不思議なレビューとなってしまいましたが、この作品を読んで深々と「家族愛」について考えました。

最近ちょっと暗くなる感じの作品を多く読んできたので久しぶりにこの手の爽快感を味わいました。

やっぱり読む本もバランス取らないと危険ですね。


父からの手紙 (光文社文庫)

新品価格
¥700から
(2016/3/25 05:51時点)


 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk