結婚記念日にはディナーを。

2017-04-29

ワタシたちは昨日で結婚してから7年が経ちました。
7年間を長いと思うか短いと感じるか、横にいてくれた妻に聞いてみようと思います。

wedding-anniversary1 
 

人生で特別な日を振り返る。

 




あの日、ワタシたちは最高の1日になるよう念入りに準備を重ねてきました。
小道具は妻が何カ月も前から手作りで用意していたし、ワタシは式全てのBGM選曲をし、出来る限り手作りでいける物は2人で頑張って準備をしていました。
 
全ての目標をこの結婚式当日に定めてました。
 
 
2008年4月10日
 
最高気温 10.8℃
最低気温 9.3℃
降水量 21mm 朝から雨。
 

4月10日午前7時55分ごろからJR中央線東京駅・高尾駅間の快速電車・特急列車が上下線共に運休した。毎日新聞と読売新聞によると、正午までに約25万人へ影響を与え全線復旧は約7時間後の午後3時となり、最終的な影響は50万人に及んだ

午前6時30分から40分ごろに東京都国分寺市国分寺駅西側にある変電所から出火。火は駆けつけた消防隊などによって消し止められたが、漏電を防ぐためJR東日本が架線への電力の供給を止めたため、運休となった。朝日新聞や時事通信、毎日新聞は、JR東日本は火事の原因を変電所内にあったブレーカーの故障による漏電とみていると伝えた。 

読売新聞によれば、高尾駅・甲府駅間でも運休になり一時、東京駅・甲府駅間最大134Kmで運休となった。毎日新聞と読売新聞によれば、武蔵境駅・立川駅間を走行していた8本のうち5本が駅間で立ち往生したため、乗客2万人が近くの駅まで線路を歩いた。また、三鷹駅、東小金井駅、国分寺駅近くの車内で計10人が体調不良を訴え、うち6人が病院に運ばれた。

 

 

 

なんて日だっ‼︎‼︎

 

そうなんです。

前後一週間晴れ渡る中当日だけ1日雨。そして中央線は記録的な運休。招待客の大半が中央線を使用する予定だった為、集合時刻に人まばら‥‥式の開始を遅らせてもらうというアクシデントだらけの幕開けでした。

でも始まってしまえば滞りなく式は進み、屋外で行うはずのイベントのみ急遽変更し無事大円団となりました。

そんな波乱な幕開けとなった結婚式でしたが今となっては良い想い出です。

自分で言うのもなんですが近年稀に見る良いステージだったのではと思ってます…それもそのはず、極力職場関係を招待せずに友人・知人・親戚一同に囲まれたアットホームな式だったので型にはまることなく完遂することが出来ました。

今でももう一度やりたいと思う程楽しかった1日です。

disk-wedding-party1

結婚式のススメ。

最近、結婚式はしないという方もいますが式はやった方が良いと思います。

確かに準備もお金も大変です。色々なことを考えなきゃいけません。

でも、やっぱりやって良かったと今でも思ってオリマス。

あの日たくさんの人たちに祝福されました。

そして両親や親戚一同には一つ安心させてあげられたのではと思うと準備期間の苦労や煩わしさなんて吹き飛びます。

二次会三次会と場を移しても付き合ってくれた仲間たちに囲まれて、まさしく人生最良の1日となりました。

あれから7年。

ワタシたちはたくさん笑ったり泣いたりしながら家族としての絆をより深めてここまでやってきました。

ワタシが無職になったり、娘の誕生があったり、大震災があったりしてワタシたち家族にも色々な障害が押し寄せてきました。

言葉で上手く表せないのですが、そうした障害や試練の一つ一つが今のワタシの、ワタシたち家族の肥料となっている気がします。

wedding-anniversary2

もともと他人同士だった二人が家族となる奇跡。

ワタシはそんな奇跡を目の当たりにすることが出来て本当に幸せです。

そしてこの家族はまだまだ制作過程なんですよね、毎日毎日同じような日々の繰り返しかもしれませんが、その繰り返しの中で家族は作られていきます。

ワタシの両親だってそうやってきたのでしょうし、ワタシの娘だってそうやっていくのでしょう。

ワタシはこの家族と出会えて本当に良かったと思ってオリマス。

結婚記念日にはこうやって自分にのろけてしまうのも良いでしょうか。