想像力の限界を求めて

幸せとは、それに気がつけることなのかもしれない。

しみじみと、今の幸せを噛み締めること

自分にとっての小さな幸せを持って生きていきましょう。

ワタシは基本的に楽観的で、どんな小さなことでも幸せを感じるように出来ています。

だから割と自分の人生振り返っては

「幸せだなぁ」と、加山雄三氏のように呟き微笑むことすら出来るのです。

しかし、その楽観がたまに揺らぐことがあるのです。

自分にとっての小さな幸せを持っていこう。

常に楽観的でいられたらどんだけ良いだろうと思うことがあります。

基本的に楽観的な人間とは言え、ワタシだってそれを維持できないこともあるのです。

それは、不安。

楽観的であると同時にかなりの不安症なワタシ。

持ち前の想像力がたまに凶器となります。

以前もこのブログで書いたのですが、ワタシはかなりの不安症です。

まだ起こっていないことに対してあらゆる角度から悪い想像を巡らしては自分を震えさせるのです。

不安になると落ち着かないし、考え事も全然できないし、本を読んでも入ってこないし…もう生きた心地がしない状態になります。

この不安症は結局完治させることはできないようなので、少しずつ自分に自信を持つように頑張ったり、リラックス方法を編み出して一緒に付き合っていくしかなさそうです。

過去記事

極度の不安症が語る日常。
極度の不安症が語る日常。

 

小さな幸せに気がつかないなら、大きな幸せも取り逃がしてしまうかも。

そんな不安状態を打開してくれる唯一の救い

それは

今の幸せを感じることです。

「今あなたは幸せですか?」

と聞かれて即答できますか?

まだまだ、全然、と感じる人もいることでしょう。上を目指し、高い意識を持つことは素晴らしいことだと思います。

しかし「今の幸せ」を感じることも大切です。

みんな今の状況の中でも幸せを感じることができるはずです。

ワタシはとても小さなことですが、毎日幸せを感じています。

不安症に負けることもありますが、その不安に飲み込まれないようにするために、ワタシは今の幸せを感じることにしています。

朝から良い天気

家族でゆっくりとした時間を過ごす

やろうと思っていたことをやれた

お金を拾った

テレビの星座占いで1位だった

なんでも良いんです。

ワタシたちの毎日は、ワタシたちが幸せだと受け取ることでたくさんの小さな幸せになることがわんさか落ちてます。

こういうのをちゃんと意識してないと、大きな幸せを取り逃がしてしまうかもしれませんね。

大きな夢や目標はとても大事だけど、毎日少しで幸せを感じることも、きっと大事なんだと思います。

 


毛塚千代さんの団地で見つけた小さな幸せ―Welcome to my country house (私のカントリー別冊)

中古価格
¥150から
(2017/4/4 23:05時点)


 


人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk