想像力の限界を求めて

自分がわからない、、中途半端な自分を好きになるために。

2016-diskdisk

何の特技もないし、これといって好きなこともない。

なんて中途半端なんだろうと、自分のことを改めて嘆いてみたら。。

好きなことや趣味について、あれこれ考えを巡らせてやっと自分がどういうモノが好きで、何をしている時がリラックスできるのかが見えてくるのですが、そもそも深く考えないと思い浮かばない程度の好みなので、果たしてそれが本当に自分にとって好きなことなのかが少々疑問になってきました。

1つ何かが引っかかるとなし崩し的にそれまでの均衡が一気に瓦解します。

メンタル弱いんです。。

disk-top-image

中途半端な自分の生き方が嫌だから。

ワタシがまだ若い頃、世間では【自分探し】というのが流行ってました。当時ワタシはバンドをやってたし、読書も映画も浴びるように読み漁っていた時期だったので、自分探し、なんて自分には無縁の言葉だと思ってました。

しかしそのバンド活動も社会に出て忙しくなって自然消滅‥

読み漁っていた本や映画はジャンルがかなり偏っていて最近は打ち止め中‥

結婚を言い訳に作ることをあきらめたくないとの気持ちでブログを書き始めるもこれがなかなか思うように結果が出ない‥

人より多少楽器が弾けたり絵が書けたりするかもしれませんが、それが役立ったこともなければ自分自身でも明らかにそのどれもが中途半端だと分かるレベルなのです。

インテリア、持ち物、どれを取っても何かイマイチ中途半端な感じがしてしまうんです。そしてはっきりと自分を持っている人を目の前にするととても自分が嫌になるんです。

どれか1つでも本気で打ち込んでみたら変わるのだろうか?

自分を持ってる人っていますよね?

それが優れているとか素晴らしいことだとかではなくて、自分の世界をちゃんと持っている人って見てて憧れます。

それも強烈に憧れます。

思うに自分の世界を持っている人は自分の中にちゃんと自分の価値観を計る物差しを持っているから嫌なことは嫌だと言えるし、逆にやりたいことはどんどん挑戦してく。

しかしその物差しが中途半端だとすぐ人に流されてしまいます。

別に好きでもないのに買ってしまったり、やりたくもないのに他人と付き合ってしまったり‥こういう生き方してると自分が本当にやりたいことがどんどん見えなくなってくるし、嫌なことに対して拒絶反応が鈍ってくるから断ることができなくなってきます。

ワタシはこれをネガティブスパイラルと勝手に名付けてますが、この状態に陥ると毎日の暮らしがとても暗くなります。

無理に自分を探す必要はないと思います。

しかしこのまま自分はなんて中途半端なんだと嘆きながら生活していくのはなんかつまらないですよね。自分を否定しながら仕事をすればそれは間違いなくうまくいかないし、遊んだって面白くない。

だったらせめて今自分がやっていることを1つずつ楽しんでいくしかないのか?

いきなり自分の中で好きなことができるってことはないと思うので、目の前にあることを1つずつ味わい、触れてみて、挑戦してみて感じてみて、そうやって1つ検証し自分がどう感じるのかを確かめていく中で、やっと見つかるのでは?と

自分はこれが好きっていうものがない人は、他の人よりもゆっくり時間をかけて色々なことを確かめながら探せるという風に、前向きに捉えていきましょう。

その代わり、どれも本気で挑戦してみることです。

いつか突破口が見つかることを信じて。

 


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

新品価格
¥1,944から
(2017/5/16 05:48時点)


 

 


人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk