朝食をお米を中心とした和食にしてから身体に起こった変化。

 

そもそも朝食食べてますか?

朝ご飯を食べない人がいるらしい…初めて知った時に思わずそうつぶやいてしまったほどワタシはずっと朝食をちゃんと取って生きてきました。朝はちゃんと食べるものだと小さい頃から習慣づけられてきました。

反抗期だろうが、寝坊してしまったとしても、ちゃんと朝ご飯を食べてから出発したものです。

さてこの朝食、最近ちょっとした変化がありまして。。

朝食をお米にしてみたら…?

これまで我が家の朝ご飯はいつもパンがメイン。トーストに果物、ヨーグルトみたいな典型的なモーニング。珈琲も付けてね。

何も考えずに、特に疑問に思うこともなく、朝食と言ったらパンだったのです。

朝はパン、パンパパン♩と歌われていますからね。しかし最近妻さんがこんな提案ンをしてきたのです。

朝はお米にしましょう

この提案によりこれまで長く続いた我が家のパン祭りは終わりを告げたのでした。

朝はお米と卵焼きなどの簡単なおかずにみそ汁。

そこに納豆や海苔といったオプションもつき、気分はなんだか旅館の朝って感じ。

最初はのんきに楽しんでいたんです。

何せ旅行気分です。

なんなら浴衣みたいので食べたいとまで思いましたよ。

ただこの和食に変更したことによって起こった変化は、気分だけの問題ではなかったようです。

朝食を和食に変えてみて起こった変化。

ここからはもう完全に個人の感想です。

科学的な根拠はまるでないし、なんとなくそう感じる程度の感想です。

でも、それは確かにワタシに起きた変化ではあるので、一気に書いていきますね。

まずは

午前中かなり元気

トーストにヨーグルトだけの朝食に比べると、明らかに和食は食べる量も種類も増えます。食べ終わった時にかなり食ったなーという実感が湧きます。

と同時にこの満足感みたいなのが持続し、午前中がかなりアクティブになります。

ランチ直前の空腹感が異常

しかし元気いっぱいな状態が少し落ち着いてくると、今度はとてつもない空腹感が襲ってきます。

そんな元気にならなくても良かったからもう少しお腹が持てば良かったなと思うのもこの頃です。

体重増加

そして極めつけはこれです。

ランチ前の異常な空腹感によって昼食もいつも通りに食べてしまい、とにかくそれまでに比べてたくさん食べるようになりました。

その結果がこの体重増加です。

当然と言えば当然ですし、これだけ食べたらもっと運動量を増やさなければいけないこともなんとなく分かってはいるんですが‥わずか2週間くらいで平均で2〜3㌔のアップなのでこれはそろそろ対策を練らなければいけません。

それでも米を。まとめ。

それでもワタシは米のほうが良い気がしています。

何せ食べ終わった後の満腹感

それにパン食だった時に比べて食べる種類も必然的に増えました。これは健康に良さそうですね。全然根拠はないんですが良く食べる人は健康そうに見えます。

 

しかし

納豆余ってるからおかわり‥なんてことも。。

 

ちょっと運動しないとなー。

 


朝から うまっ 1分ごはん (青春新書PLAY BOOKS)

中古価格
¥193から
(2017/6/25 07:13時点)



人気ブログランキングへ