想像力の限界を求めて

新社会人さん、手帳は買いましたか?

disk-molesikne2016-3/disk

春です。

新社会人の皆さんは手帳決めましたか?

新しい環境、生活が始まるにあたってやはり揃えておきたいのが手帳。

iPhoneやiPadなどのタブレット機器が普及し、今や手書きの手帳やノートといったアイテムは必要ないと考える人もいるとは思いますが、やっぱり腕時計が必要であるのと同じように、いまだにそれらデジタル化を望まない人や状況が社会には存在するんですよね。

今日はワタシの手帳について。

disk-molesikne2016/disk

新しい生活に向けて、手帳を用意しよう。

上司がとんだアナログな感性を持っている場合、時間を調べるのにスマホを出すのはちょっと抵抗があります。また商談中にメモを取る際にデジタル機器を取り出すのはやはり勇気がいります。

デジタル化しておくことはメリットたくさんあるんですけどね。それはまた別の話です。

機器どれだけ進化しても、人間関係がそこまで進んでいかないと使う場所は限られたままでしょうね。

でも手書きの手帳やノートだってそれはそれでメリットがあるんです。

特に感性を刺激してくれるので、ワタシはクリエイティブな作業や想像力を鍛えるのに手帳を使います。それに最近思っているんですけど、最高の保管方法はなのでは?と感じることが多々あります。

これはライフログの記録をどうやって管理しようか考えている時に度々ぶつかった課題だったのですが、デジタルデータは機器によっては一瞬で削除されちゃうケースも無きにしもあらず。

それに比べてほら、博物館とか美術館とかにある書物や絵画って、まだ残ってたりしますよね?紙、恐るべし。

最高の手帳は?

新社会人に限らず、手帳デビューの際に気を付けることは何でしょうか?

手帳と一括りにしてますが、まず自分の使い方をある程度想定してから検討したほうが良いと思います。

大きく分けると2種類

まず一般的なのは日記タイプで一年使い切りのモノ。

このタイプは手書きでスケジュール管理、その日のメモなどが可能ですね。その種類にもよりますが比較的コンパクトなので持ち歩きも苦じゃないでしょう。

そしてもう1つはシステム手帳。

これはよくスマートなサラリーマン的な人が持ち歩いているあの分厚い手帳です。

とにかく欲しい機能をどんどん追加できます。

スケジュール表からアドレス帳、定規に穴あけパンチまで、とにかく何でも拡張していけます。

カバーがちょっと高価ではありますが、中身をどんどん入れ替えて使えるのである意味一生使えるので、とことん使い倒したい人はこちらのタイプが良いと思います。

disk-note1

ワタシはやっぱりモレスキン。

ワタシはもう社会に出て10年近く経ちますが、ずっとモレスキンという手帳を使っています。これは手帳というよりはノートに近い感覚で、とにかく書き味と使い込んだ経年変化が好きで毎年迷わずこれです。

一応モレスキンとシステム手帳との2冊持ちに挑戦したこともありましたが‥やはりガンガン直感で書き込むことができるモレスキンの使用頻度が高いですね。(カスタム好きにはシステム手帳も面白いんですが)

このモレスキン。

結構アーティスティックな雰囲気ありますが、黒いカバーなので社会人のあらゆる場面においても支障をきたすことなく使用可能です。

システム手帳のルーズリーフタイプではないので、中央にリングもなく書き心地はノーストレスです。

機能面で見たらシステム手帳には敵いませんがこのシンプルな使い勝手は便利です。

モレスキンとシステム手帳
モレスキンとシステム手帳

手帳は自分の成長の証となります。

日々の記録もメモも商談の内容も落書きも

どうせなら自分にあった手帳を見つけたいですね。

 


高橋 手帳 2017 マンスリー リベルデュオ 1 No.261

新品価格
¥680から
(2017/3/31 07:19時点)


 


手帳・手帳術ランキングへ

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk