想像力の限界を求めて

一人暮らしサバイバル4日目。やっと洗濯できた朝。

single-hack04/disk

なんだかんだともう4日目。

一人暮らしを始めてから初の晴天。

やっと晴れたので朝から洗濯機をガタガタ言わせます。終了を告げる甲高い悲鳴はいつ聴いても申し訳ない気分になりますが…やっと洗濯が出来た朝。

一人暮らし4日目、ついにあの症状が出ました。

single-hack04/disk

一人暮らしサバイバル4日目。

ほら、たまに聞くじゃないですか?

あの家を出てしばらくしてから

「あれ?鍵閉めたっけ?」

って奴。

あれ今までまるでなかったんで自分でもちょっと不思議だったんです。だって自分すごい不安症だから。

それが急にきました。

きっかけは今日帰ってからやる事を頭の中でまとめあげてた時でした。

「帰ってから掃除機をかけたいな。ヨーグルトがないな。朝のアイスコーヒーも買わなきゃな。洗濯を取り込んで……」

この取り込んで…の時にあれ?窓の鍵閉めたっけ?が現れたのです。

妖怪・鍵閉メタッケ。

一人暮らし4日目のワタシの目の前に現れたこの下級妖怪は最初に窓の鍵を不安にさせてきました。

そしてそこから隣の部屋の窓、お風呂の窓、狭い家の窓という窓を閉め忘れてきてしまったような錯覚に陥れてきます。

極め付けは玄関。

あーこんなんじゃ仕事に手がつかないよ…まさに妖怪鍵閉メタッケの術中にハマるのでした。

4日目。

レイゼロ作戦は順調に推移していて、食材を無駄にすることなく成功に向かっています。(青ざめたジャガイモを除く※詳しくは一人暮らしサバイバル3日目をご覧ください)

今日も仕事を終えて一度帰宅してからお見舞いへ。

妻さんはかなり元気になり、退院の予定も見えてきました。

気になるのは赤ちゃんの方。

でもこちらも経過観察中のわりには元気いっぱい。

良かった。


洗濯物を取り込んでいる時に上の娘(5歳)のパジャマを見て急に娘に会いたくなりました。

あの小生意気を4日も聞いていないと流石にちょっと寂しくなる。

小さなパジャマを畳んで急いで娘のいる妻さんの実家に向かうのでした。

妖怪・鍵閉メタッケと一緒に。。





 


ライフハックランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk