想像力の限界を求めて

スマホは個人情報が詰まった危険なデバイス、使いこなすために考えたこと。

ついにネット回線を決断?

極めて個人的な情報を持ち歩けるこの時代

どこまでやるべきなのか?

大切なマイ・ライフログ管理。

今の時代は昔と違って持ち歩いている個人情報の量が半端じゃないくらいあります。

それはなぜか?

そうです、お手元のスマホです。

ワタシもそうですがもうスマホなしでは生きていけない人、結構いるんじゃないでしょうか?

技術の進歩によりこのスマホは日々進化し、容量も拡大しています。

友達の連絡先から銀行の暗証番号や各サービスのパスワード

大事な写真や動画に、ワタシのように何年分もの記録‥

手軽に持ち運んでますが、これだけ個人的に大切な情報が詰まったモノになるとは驚きです。そしてこうなるまでのスピードにはさらに驚かされます。

今日はそんなある意味危険なデバイスとなったスマホに、どこまで個人の情報を詰めるべきなのか考えてみました。

ついにネット回線を決断?

iPhoneに詰め込まれた個人情報

携帯電話がこれほどまでに日常生活に密接に関わってくると、かつて想像したでしょうか?携帯電話が普及し始めた頃、ワタシは高校生になったばかり。

今の若い世代の人たちと違って、ワタシは携帯電話の誕生、成長、進化を一緒になって味わってきたのです。

だからこそ余計に今のスマホの凄さには驚かされるのです。

さてそのスマホ。ワタシは初めてのスマホはiPhone5でした。予約してなかなか入荷しなくてヤキモキして、やっと手に入れたiPhone。あれからもう5年近く経とうとしています。

このiPhoneでさえすごい進化をしていて、ジョブズ亡き後Appleはダメだ‥なんて意見も聞きますが、デバイスとしてiPhoneを見ればその進化は容易に感じることができるはずです。

現在ワタシはiPhone6を使用しています。

この中に人よりも多くの個人情報を詰め込んでます。

それはワタシがライフログを収集しているからです。

EvernoteにDayOne、OneNoteの中には日記として日々の記録がぎゅうぎゅうに詰まっていますし、Evernoteにはこれまで製作したスクラップブックや仕事で使うデータも入っています。

もしこれが外部に漏れたりしたら‥??

確かにそう考えると怖いですがワタシの日々の記録を読んで楽しいと感じる人は稀でしょうし、趣味で作ったスクラップブックを眺めても面白くはないかと‥

でもとりあえず今後の方針くらいは定めておいたほうが良さそうですね。

今年のiPhoneの使い方。

これからますますデータはクラウドにって世界になるような気がします。

それを踏まえ

写真はGoogleフォトでバックアップも兼ねて一括管理していこうと思います。

そしてライフログ、未だに答えが出ていないのですがOneNoteで現在ログを収集しています。今後Microsoft系のクラウドにするのか?EvernoteやDropBoxなどクラウド専門サービスに乗り換えるのか決めかねています。

このいつまでも悩み続けてきた課題にもそろそろ答えを出さないといけません。こうしているうちにも情報は増え続けているので。

ということで

今年のiPhoneの使い方としては

クラウドを念頭においたデータ管理

ライフログの一本化

これをクリアすることから始まりそうです。

 


クラウド活用テクニック150 (2017年 最新版)

新品価格
¥1,296から
(2017/2/15 22:28時点)


 


iPhone(アイフォン)ランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk