iPhone初心者に贈る基本的なトリセツとコツ。

2016-07-12

先日ワタシの家族がiPhoneデビューをしました。

しかしこれが今までAndroidケータイだったことに輪をかけて機械音痴ときたもんで、今日は自分がアドバイスするためにも初めてiPhoneを手にしたらどうしたら良いのかをまとめてみます。

 disk-iphone-flic1
 

初めてiPhoneを手にしたら気をつけたいこと。

 

①外付けストレージがない

 
ワタシは2台目としてAndroidを使用していますが、その際に違いを実感したのがSDカードが使用できることでした。
だからAndroidからiPhoneに替えた時に先ず気をつけたいのはここですね。
 
iPhoneにはデータを逃がす場所がない、ということです。
 
正確に言えばPCと繋いでiTunesと接続することでどうにかなるのですが今までのAndroidの感覚でいくと後々大変になりますので要注意です。
 

②iTunes必須

 
そしてもう一つがiTunesが何かと必要になるということです。
 
先ほどの容量が足りなくなったからデータを逃がす(例えば写真とか曲とか)だけならばiTunesを介さなくても何とかなるのですが
 
バックアップ
 
アップデート
 
これには必ずiTunesが必要となります。
解説するとバックアップとは今使用しているiPhoneのデータを文字通りバックアップしてくれることです。
これにより何か問題が起きてiPhoneを初期化してしまったとしてもこのバックアップしたデータで復旧することが可能になります。
 また新しいiPhoneに替えたりする時も今まで使っていたデータをそのまま引き継ぐことができるのですが、このバックアップという作業をして進めていく話になります。
 
アップデートとはiPhoneにはiOSと呼ばれる基本ソフトが入っていて、これが時々更新されます。
これに合わせてワタシたちも自分でアップデートとしていく必要があります。
 おそらくOSをアップデートしないで使い続けると、今まで使用していたアプリが使えなくなったり、色々と不具合が出てくるようなので可能な限りアップデートはしなければなりません。
 
慣れれば難しい話でもなんでもないので最初に練習がてらiTunesにバックアップでもとってみたら如何でしょうか?
 

iPhoneの超初歩的な使い方。

 
初めてのスマホでもない限り戸惑うことはないと思います。特にApple製品は誰でも簡単に使えること、という基本理念があるので説明書すら付けない程です。
 
ただ、それでもやっぱり悩むとこは悩みます。
今回は本当に基本的な扱い方にワタシも最初思ったことなどをまとめていきたいと思います。
 
disk-tool-iphone1

①「設定」を使いこなすこと

 
歯車のアイコンが「設定」になります。ここで基本的な使い方やら自分のiPhoneを詳しく知ることができます。
 
特にこれなんだ?って思えたモノを取り上げてみたいと思います。
 
・機内モード
設定を開くと早速出てくるこれ。
ONにすると一切の電波をシャットダウンします。因みにこのモードにしておいて充電すると普段よりも早く充電することが可能になります。
 
・Wi-Fi
これによりWi-Fi接続が可能になります。
自宅にネット回線がある人は自宅ではWi-Fiを使うと良いと思います。
iPhoneはキャリアや契約プランにもよりますが一ヶ月間で7GBを超える通信を行うと通信規制されてしまいます。
毎日楽しいからといってYouTubeで音楽や動画を見てるとあっという間に規制対象になるので要注意です。
通信規制されたiPhoneはもはや家のリモコン程度の力しか発揮できませんよ。
 
・インターネット共有
これをONにするとiPhoneの電波を使って他の機器をネットに接続することができます。「デザリング」というやつです。
ワタシは自宅にネット回線を引いてないのでこのデザリングでMacBookをネットに繋ぎます。
だから毎月必ず通信規制対象者です。そういうリストがあるのならワタシは間違いなくエントリーされていることでしょう。
 
・一般
ここを開くと先ほどのOSのバージョンが確認できたりアップデートを行えたりできます。
また使用状況の確認や細かい使い方の設定もここで変更することができます。
 
「設定」はとにかくiPhoneを自分の使いやすいようにいじくれるところです。最初はとにかく遊び感覚で色々設定を変えてみると面白いと思います。
 
 
おそらく電話をかける、とかメールをする、とかそういう基本的な動作はさほど迷わないかと思います。
文字入力でちょっとモタつく程度でしょう。
 
今日は超初歩的な使い方をまとめることが目的ですのでとりあえずこれだけやれば大丈夫かと思われることを書いておきます。
 

②ロックの設定

 
iPhone5sよりとtouchIDという指紋認識機能がついています。これは自分の任意の指を選びその指紋をiPhoneに認識させることで、暗証番号の入力が不要になります。
 
まずは「設定」を開きます。
ちょっと下に行くと「touch IDとぱパスコード」という項目があるのでそこから設定できます。
 
ロックが出来ても安心できないそんなもう少し用心したい人は、さらに「設定」から「コントロールセンター」を。
ここでロック画面からのアクセスをOFFにするとロック中にコントロールセンターを呼び出すことが出来なくなります。
 
コントロールセンターとはWi-FiのONOFFやカメラ、電卓や懐中電灯などの頻繁に使える便利機能をまとめたモノになります。
 
画面下から上にスワイプすると出てきますので使いこなすとかなり便利です。
 
しかしこれがロック画面からも引き出せるとなると誰でもその便利機能を使える状態になっているということですので気になる方はここもOFFにしておきましょう。
 
また「設定」から「通知」を開くと各アプリの通知設定を変えることができます。
ここで例えば電話を選びます。
 
このロック画面に表示をONにすると文字通りロック画面に誰からの着信があったか履歴が表示されるのですぐ分かるのですが、これだとロック画面から電話にアクセスすることが可能になります。
すぐ掛け直したい時や返信したい時はすごく便利な機能ですが、これだとロックをしていても誰でも電話機能を使える状態に…
 
気になる方はなるべくロック画面には通知させないようにすると良いかもしれません。
 

③オススメ小技

 
iPhone6以降は画面がかなり大きくなりました。Android経験者ならば違和感を感じないかもしれませんが、もともとiPhone使いだったワタシはこの画面の大型化には当初戸惑いました。
 
・ダブルタップで画面を下にズラす。
意地でも片手で使い方にはこの機能。ポンポンと軽くホームボタンを二回タップすると現在開いている画面が下に降りてきます。
…あまり使いませんが一応。
 
・ダブルクリック(?)二度押しでマルチタスク。
タップではなくしっかりと二度押しをすると現在開いているアプリを呼び出せます。
でこの時マルチタスクの上によく使う項目というのが出てきます。
 
これがまあなんというか、、
なのでこれを消す方法を一応書いておきます。
 
disk-tool-iphone2 

iPhoneの「設定」アプリを起動し、「メール/連絡先/カレンダー」から「Appスイッチャーに表示」を選択します。

 
Appスイッチャーに表示」画面で、「電話のよく使う項目」「履歴」をオフにします。マルチタスク(アプリ切り替え)画面を表示すると、「よく使う項目・履歴」が非表示になっています。
 
disk-iphone-unlock
 
・ロック画面から素早くカメラ
これはこのブログでも良く登場しますが、写真を撮りたいと思う時に限って突然その瞬間が訪れます。
いつだって素早くカメラを立ち上げたいものです。
 
ロック画面中でも右下にはカメラのアイコンがひっそりとあるはずなのでそれを持って上にスワイプするだけでカメラONです。
バシバシ撮りましょう。
(先ほどのロック画面からのアクセス防止設定もカメラだけは阻止できないようです)
 
・アプリを長押しで移動出来る
Androidに比べるとホーム画面をいじる楽しみは少し減ります。それでもアプリの並び替えは可能なので少しでも自分の使い心地の良いようにカスタマイズしましょう。
 
・最下段4つは基本アプリでずっと表示されます。
 
長押ししているとアプリたちがプルプルしてきます。これで押しながら移動させることができます。また不要になったアプリはこのプルプル中に×マークを押せば削除できます。
 
移動先をアプリにするとフォルダを作ることができます。
これで似た機能のアプリをまとめてしまえるようになります。
 
・ホーム画面、ロック画面の壁紙変更
これも先ほど紹介した「設定」からできます。
 
壁紙を変えるだけでだいぶオリジナリティーが出るかと思います。
 
 

まとめ

 
人に説明をするというのはとても難しいですね。
それがこう文字だけで教えるとなるとなおのこと難易度が高い気がします。でもそれだけiPhoneが持つ魅力が深いということでもあります。
 
 
今回は本当に初歩の段階で自分自身が気になったことを中心にまとめてみました。
 
ワタシは今年でiPhone三年生、まだまだ知らないことだらけです。きっともっともっと知らない機能や使い方がまだあると思います。
 
奥深きiPhone
 
これからも毎日いじって使い倒します。
 

iPhone 6便利すぎる! 200のテクニック 改訂版 (超トリセツ)

新品価格
¥1,080から
(2015/5/25 21:39時点)

 


iPhone(アイフォン)ランキングへ