11月は晴天スタート。ちょっと早いけど今年を振り返るメリット

気がつけば今年もあと二ヶ月しか残っていない。

ワタシのようなうっかり者は本当に気付くのが遅いので、毎年10月が終わる頃になると焦り出します。今年の目標が全然達成されていないことや、やろうと思っていたことが未だ終わっていないこと。下手したら手も付けてないこと。

まだいいや、と思っていたすべてのことが恨めしそうにこっちを睨んでいる‥

それがワタシの10月の終わりであり、今年もあと二ヶ月を切ったということを痛烈に思い知らせるきっかけとなるのです。

皆さん、大晦日に振り返っても遅いんです。

今振り返るんです。

まだ二ヶ月あるのだから。

一緒に焦りましょう。

過去記事

PR

2017-last-run 

ゼロキューブで理想の家を建てようと必死になっていた昨年。しかも妻さんの妊娠と出産という一大イベントと同時並行という強行スケジュールでした。産後の辛い時期にワタシの仕事はピークで忙しく、引っ越し準備はほぼ妻さん。。

考えれば我が家史上、最高に忙しい一年だったのが去年でした。忘れられませんね。。

入居してもこの忙しさ、落ち着くことなくなんだかせわしないまま今日に至ります。引っ越してきても外構が完成しなかったり、部屋の配置がうまく決まらなかったり‥今もまだ悩んでいることもあって、、早く落ち着く空間に仕上げたいと思っています。

娘は小学生になり、下のチビは不思議な言葉を放つようになり、さらに我が家は騒がしくなってきました。

やり忘れたことはありますか?早めに今年を振り返るメリット

さて、我が家の近況もほどほどに今日から11月ですからね、ちょっと一度立ち止まって今年を振り返ってみたいと思います。

まだ11月だよ、と

早いんじゃないの、と

笑われるかもしれませんが、意外とこれくらいの時期に振り返っておくと便利なこともあるんですよ。

例えばやり忘れたことを思い出したときに、年内にやっておこうと決意し、実行するまでに2ヶ月あるとかなり余裕があります。しかしこれが師走の中だったらどうでしょう?年末ならばみんな慌ただしくなるし、そもそも時間的猶予がありません。

この2ヶ月っていうのが出不精のワタシには心地よい期間です。(振り返って取り掛かるのに猶予を考えるあたりがすでに怠け者な感じがすごいですが‥)

このまま年末まで一気に駆け抜けるのも良いですが、このタイミングで一度立ち止まって「今年はどうだったのかな?」って考えるのも大切です。

さあ、今日も頑張りましょう。