35歳になりました。誕生日はちょっとだけ特別な日。

2017-11-09

35歳になりました。

何か特別なことをしたわけではないのですが‥わざわざここに書かなくても‥と思ってましたが、最近は毎日を大事にするという気分が非常に高まっているので書き残しておこうと思います。やっぱ一応記念日ということで。

PR

birthday-35

 

誕生日、ちょっとだけ特別な日。

で、その記念すべき日なのですが、朝から掃除機かけたり風呂を洗ったり、あまり代わり映えしない休日の始まりです。強いて言えばいつもより念入りに掃除をしたことでしょうか。掃除を終えると近所のホームセンターへ。

板を買って家の壁に飾り棚を作りました。

あーだこーだと妻さんと相談しながら棚を設置

クリスマスに向けてディスプレイが始まります。

夕飯は近所のイタリアンへ。

まさか予約してくれているとは思ってもいなかったのでとても楽しんできました。

まー主役はやっぱり子どもになりますが、自分の誕生日を妻さんと娘がこっそり企画しているなんて夢のようなことです。

その現場を想像するだけでしばらく思い出し幸せになれそうです。

気がつけばもう35歳。

しかし気がつけばもう35歳です。子どもたちの成長にばかり気を取られて自分が年を取っていることを忘れていましたが‥すっかり年を取ったものです。

疲れが取れにくくなったり、以前より体力が落ちたなーと実感することも増えてきました。

何より自分が主役っていう感覚がなくなりました

これが親になったということなのか?家族を持ったということなのか?年を重ねた結果なのかは分かりませんが、とにかく自分の中で主役感がなくなりました。

かつては本当に馬鹿な話ですがあったんです。

毎日妄想と空想の間を行ったり来たり。イヤホンの音量を最大にして移動中も何か変な役になりきってましたね笑。(今でも妄想癖は治ってませんが、それでも以前よりは良くなったかな)

自分の人生の主役がいつしか自分ではなく子どもや家族になっていって

このままあとはすべてを家族・子どものために捧げていくんですかねー

ちょっぴり寂しい気もしますが、そういう対象がいるだけ恵まれているのかなとも思います。

 

自分が何歳まで生きられるのか?

誕生日という節目を迎えると気になるのがこの問題。

自分の人生、あとどのくらい残っているのかということ。

思えば遠くまできましたが、ここからどこまでいけるのかということ。

これからもたくさんのことが待ち受けているのでしょう。

すごい哀しみも、すごい喜びも待っているはずです。

まだまだ疲れたからと主役を降りるわけにはいきませんね。これは自分の人生ですから。誰かのために尽くし生きるのも良いですが、せっかく自分の人生を与えられたのだから、しっかりと充実させようと思います。

 

最近毎日こんなことを思っているな。。