何気ない日常からしか自分の人生の価値を認めることはできない。

2018-01-04

何気ない日常

最近はやたらテーマにこだわり、内容をしっかりと見定めてから書いていますが

なんというか、たまには「ブログ」本来の日記的な記録をしておこうかな?と思いまして。

PR

a-day-in-the-life

自分の人生に価値を認める行為=毎日を大切に生きるということ。

例えばこのブログは超雑記ブログ(自称)であって、何かに特化させようと書いていません。それでもゼロキューブ関連の話だったり、本の感想や映画の感想と言ったレビュー記事が色濃く発色しているかな?と思います。

じゃあこの手のつぶやきめいた普通の男のどこにでもある日常をわざわざ書いて残す余地はないのか?と言われると微妙で、やっぱ多少はそれっぽいキーワードを選定して、そこそこ人を集めたいなとか思うと‥

普通の男の普通の暮らしには人を集めるパワーはないわけです。それは自覚してるんです。

これが海老蔵さんなら話は違いますよ、海老蔵さんの日常には価値があるし、集客力も半端ないわけです。

…じゃあワタシの日常に無価値か?と言われたらやっぱりそんなことはないでしょう。ワタシにとって。

そうなんです。

何気ない1日、日常はその人にとってはかけがえのない毎日です。そしてこの毎日が積み重なって人生は続いていきます。

そんな当たり前のことを自覚しないまま時間を無駄に過ごしてしまっていたりして…

本当は自分自身で「自分の人生、毎日には価値がある」って理解してないといけないのに、何故か自信がないから自分の日常をちょっとずつよく見せてインスタやらFacebookやらとSNS経由で第三者に自信を支えてもらうのです。

それはそれで新しい時代の形なのかもしれないけど、やっぱワタシはリアルな日常を実感したいし、時間はかかるかもしれないけど自分自身の価値を認めていきたいと思います。

そう、何気ない日常から。

このブログのカテゴリーにもあるのですが、ワタシにとって本来【ていねいな暮らし】はそういうなんでもない普通の生活をていねいに送ることを目的としていました。

それを記録していこうと。

最近はこのブログ自体のメンテナンス、テーマ変更にSSL化作業など手がかかっていてうっかり忘れていました。

ちゃんと本来の姿に戻ろうと。

アクセスはとても少ないけど妻さんが出産するっていうんで急遽一人暮らしすることになったワタシの記録なんかは個人的にはとても良い財産になっています。

 

大切なのはリアルな世界。

赤ちゃんのほっぺを撫でているときの幸福感。

その触感。

はしゃぐ娘の笑顔、家族で過ごす食卓

視覚、嗅覚、味覚。

家族を幸せになるって決意してるのに、忙しさから辛くあたってしまったり、ダラダラしちゃったり…イライラしたり…

毎日はとてもリアルで

それを大切に思えるような余裕がないときもあるけれど、本来それはかけがえのない存在なのです。

イヤホンから流れる大好きな音楽と、目の前に広がる景色がぴったりはまった時に鳥肌がたったり、愛用品の数々に触れている時の触り心地は安心するし、娘と手を繋いで歩いている時の幸福感ったら最高です。

そういう何気ない1つ1つのことを大切にしていこうと思います

行き急ぐことなく、ただ

無駄にしないように

自分の人生をしっかりと歩んでいこうと思います。