今年の目標は決めました?目標設定ってゴールじゃなくてスタート地点を決めることかもよ。

正月気分も一気に覚めて、気づけばまた慌ただしい日常が始まりましたね。

だいたい成人式の3連休が明けるともう年明け感も薄まり、新しい一年が始まったんだと意識することも少なくなります。

そんなこのタイミングだからこそ、今日は今年のテーマや抱負、目標なんかを掲げてみようかな?って思います。

なぜこのタイミング?

もっと新年一発目とかに考えなきゃいけないことでは?

などと思われるかとも思いますが、実はこのタイミングこそが最適ではないかと密かに感じています。

だって

すでに新年の抱負、忘れてませんか?

と、ドキっとさせてのスタートです。

set-start-point

今年の目標は年明けてすぐに考えない。じっくり設定することで間違いのないスタートを。

とにかく年明けのタイミングって浮かれてますよね?

朝から酒飲んだり、普段あまり付き合いのない友人・知人たちととりあえず「おめでとう」って言い合ってみたり。

いわゆるちょっと特殊な状況なわけですよ。

そんな中で冷静に今年一年の目標を設定するなんて至難の業。

だからこそ、仕事初め、挨拶まわりも落ち着いた今が最適なタイミングではないでしょうか?

じっくりと一人で珈琲でも飲みながら一年の目標を設定していきましょう。

ちゃんと知ってますか?目標を設定する方法。

思えば小学生の頃から習ってきたようで習ってない「目標設定」のやり方。なんか宿題とかやるべき課題はたくさんあったのに、それをどのように処理していくか?という管理するタイプのことってあまり教わってこないですよね?あと、お金の使い方とか…苦笑

ワタシはタスク管理とかスケジュール管理とかするのが割と好きなので、昔から自主的に色々と調べては自己流でやってきました。

しかしこれ、意外と苦手だったり、できてるつもりで出来てなかったりする人がいるんです。

習ってこなかったんだから当然と言えば当然なのですが、これからの人生目標をしっかりと掲げてそれに向かって進んでいく充実感を感じたいですよね。

今日はまず目標設定の基本的なことを紹介しておきます。

でも、あまりやり方ばかりに捕らわれてしまっても進まないと思うので、あくまで参考程度で構わないと思います。

目標の立て方

当たり前のことですが、目標とはつまり「何を成し遂げるか」であります。

自分で好きなゴール地点を設定し、それをちゃんと達成するか?ということです。

しかしこれが意外と曖昧と言いますか、上手に掲げるのが難しいんです。やってみると分かりますが「今年は元気に過ごす」とか「いろんな経験をする」とか、なんか漠然となってしまったり、逆に到底不可能だろうっていうような設定をしてしまって結局なかったことになる…なんてパターンが多いのではないでしょうか。

そうなってしまってはせっかく立てた目標も虚しいだけです。

実はこれ、ちょっと意識するだけで具体的かつ現実的な目標が作れるようになります。

まずは今出来ていることで更に精度をあげたい、強化したいっていう項目を書き出します。ワタシの場合だと早起きが習慣になってはいますが、この朝の時間をもう少し効率よく使うために作業をルーティン化する、とかね。とにかく今やっていることをさらにパワーアップさせるための目標です。

そして次は出来ていないことを書き出します。ダイエットや貯金、先程の早起きなど、規則正しい生活、なんてのもそうかもしれませんね。

こうやって今出来ていること出来てないことをしっかりと把握することでより目標というか、足りてないものが見えてくると思います。

そう、つまり目標というのは今の自分が足りてない部分を意識することで明確になってくるんだと思います。

そうすることで曖昧さや減らせるし、実現不可能なとんでもないゴールを設定することもあまりなくなるんじゃないでしょうかね。

でぃすけのつぶやき

個人的にはとんでもない目標を立てるのが好きです。

今年こそ大金持ちになるぞ、宝くじを当てるぞ、とかね。これ目標でもなんでもなくて夢ですからね。

夢と目標を混同してしまうとやっぱうまくいかないものです。

コツは今をしっかり把握すること。

出来ているけどもう少し伸ばしたい、成長したいっていうパターンと

今出来ていないけど、できるようになりたいっていう改善的なパターン

これらを見つめていけば自ずと現実的な目標が設定できるかと思います。

なんか目標設定ってゴール地点を決めることだと思ってましたが、案外スタート地点をしっかりと見定めることなのかもしれませんね。

 

未来を変える目標 SDGsアイデアブック

新品価格
¥1,944から
(2019/1/17 05:50時点)