想像力の限界を求めて

オーダーカーテンをお願いする時の注意点。

home-order-curtain/disk

引っ越しには間に合わないことは判明してはいますが

それでも必要なことに変わりはありませんので

カーテンをオーダーすることにしました。

しかし、いざお願いする時には注意することがありました。

ニトリ、unico、無印、最近はオーダーカーテンを取り扱う店舗も増え選択肢が多くなるのでありがたいですよね。

正直ワタシはあまりカーテンがあまり好きじゃない。

なんか部屋が狭く感じるような気がして‥でも外から丸見えで朝日バンバンじゃ生活できないですもんね。。

home-order-curtain/disk

オーダーカーテンをお願いする時はここに注意!

週末家族で時間が無い中家具屋巡りをしてきました。

家具屋といっても本格的なものではなく、よくある郊外のショッピングセンターに行ってまとめて何軒かを覗いてきたって感じです。

ニトリや無印、おしゃれなカーテンをたくさん見てきましたが、先述の通りワタシはあまりカーテンが好きになれないのでロールカーテン、もしくはブラインドで探すことにしました。

色とか機能とか、遮光や採光などの機能などを見比べいざお願いしようかと思ったのですが

ここで気を付けなきゃいけないことがあったのです。

オーダーする時の注意ポイント

まず、なんといっても新居の図面をお持ち下さい。

この図面をもとに概算の見積もりを出すのがオーダーカーテンの基本のようです。ワタシは図面を持ってなかったのでその時点で何軒かは返されてしまいました。

図面ないんじゃできませんよ!って。。

これは当然と言えば当然

何事も概算でどのくらいの金額がかかるのか分かってないとこっちも怖いですからね。

次に細かいことですが取り付ける窓の情報、新居の情報を把握しておきましょう。

これは流石に最近まで色々と眺めていたので覚えてましたが

新居の構造、取り付ける窓付近の情報は必ず必要になります。

木造なのか?コンクリートなのか?

取り付けうあクロスなのか?窓枠なのか?

けっこう色々と質問されますのである程度は答えられるようにしておきましょう。

 

まとめ

てっきりオーダーすれば採寸に来てもらってそこからそのデータをもとに発注。納品、取り付けって流れになると思って楽観してましたが、いざオーダーする時になってバタバタしました。

ちなみに自分で慌ただしく測ったデータはあまり活躍しませんでした。。

とにかくまずは図面を持っていくこと

これが大事なんだなと勉強になりました。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk