本/映画/感想

books-kemono

徹底的に残酷でグロテスク

小説でなければ表現できなかったであろう問題作をついに読み終えました。

これまで数多くの残虐な物語を読んできたワタシが、この問題作を考察・解説してみようと思います。

PR

本/映画/感想

be-father-no-cry

すごい映画だったな。。

これ、自分だったらどうするんだろう?

全ての父親に考えて欲しい

全ての母親に感じて欲しい

日本映画ならではの静かで重たい作品『そして父になる』を観ました。絶賛され ...

本/映画/感想

book-dump-the-fatty

またすごいタイトルをつけたもんです。『デブを捨てに』って。一体どんなヤバイ話なのか、読む前から気になってしょうがないし、この表紙といい今回もかなり良い感じですね。ジャケ買い、なんて言葉しばらく忘れてましたけどふとそんなことを思い出しま ...

本/映画/感想

suzumebachi

 

虫嫌いは取り扱い注意。

そしてどんでん返し好き・衝撃の結末好きもまた取り扱い注意です。

 

もともとは探偵物などの推理小説を扱う作家であった貴志祐介氏。ワタシ個人 ...

本/映画/感想

books-missing-lost

失踪症候群を読みました。

貫井徳郎と言えば『慟哭』

もう『慟哭』という単語を見れば貫井徳郎というくらいワタシの中のイメージは強烈に固まっていますが、この作品はどうでしょうか?

『失踪症候群 ...

本/映画/感想

長恨歌

『長恨歌』

大好きな不夜城シリーズ

完結編です。

ワタシが好きな作品に馳星周氏の『不夜城』という作品があります。

ワタシにとってはハードボイルド、ノワール作品の元祖と言えるこの作品。新宿 ...

本/映画/感想

ts-spivet

安心して観れるロードムービー、だけど用心してください。

ここには決して【普通の人】は出てきませんので。

普段は人が過剰に死んだり救いようのない物語だったり、映画としてはちょっと暗すぎるんじゃないかと思うほどの作 ...

本/映画/感想

book-omionna

相変わらずなんとも嫌な臭いが漂ってきそうな独特の世界観。

だけど読む手を止められない、読者を引き込む力強さ。

ええ、今回も吉村萬壱作品のレビューです。

大好きな作家・吉村萬壱さん。

その ...

本/映画/感想

books-yoshimura-best3

吉村萬壱という作家を知ってますか?

あまりメジャーな作家さんではないので知らない人も多いかもしれません。

しかし、これだけは言わせてください。

「知らないなんてもったいない‼︎」

以前ワ ...