ビデオカメラが今必要な理由。

2016-07-12

 

今、我が家ではビデオカメラを買おうかどうか迷っています。

 
ビデオカメラを探して

なぜ今、ビデオカメラが必要なのか?

 
子どもの成長を記録するのに必要なツールは「カメラ」「ビデオ」です。
 
写真はその成長を切り取ることができますし、映像はその当時の動きや雰囲気を何度でも再現することができるからです。
 
そして昨今、スマートフォンのカメラ機能が格段に向上し、別にわざわざカメラやビデオカメラを買わなくとも大丈夫じゃない?そう思う人もいるでしょう。
ワタシだってちょっとそう思っていました。
 

スマートフォンがもたらした記録革命

 
とは言え、やはり写真はちゃんと残したいなと妻と相談して一眼レフカメラは1年前に購入しました。
 
結論から言うと一眼レフカメラはやはり良い写真が撮れます。
そしてレンズの拡張性も高いので用途に合わせて様々な写真を記録することができるようになりました。
 
しかし、デメリットもあって
 
やはりかさばるんですよね
 
ただでさえちょっとした大きさのあるボディ(ワタシはCanonのeosを使用してます)に望遠レンズを持っていこうと思うと、もう他の荷物は持ちたくない。。
 
一応動画も撮れるのですが、データの管理方や容量の問題もあってどうしても手頃なiPhoneで動画は撮ることに慣れています。
 
するとカメラ背負ってiPhone構えてという、現代版たまちゃんのパパが現れるわけです。
 
そして結局イベントでもない限りカメラは持ち歩かなくなり…
 
全てを片手で扱えるスマートフォンが撮影してくれるんだから、どうしたって頼ってしまいます。
 

それでもビデオカメラを必要な時がくる

ビデオカメラを探して2

 
一眼レフカメラだろうが、iPhoneだろうが
被写体は主に我が家の中心にしてワガママ姫こと4歳の娘です。
 
ここ1年、幼稚園のイベントや習い事など急速に成長著しい娘を記録したいと、たびたびiPhoneと一眼レフで撮影を続けてきました。
 
そしてやっぱり思うのです、ビデオカメラが必要だ。と。
 

理由① 高画質、望遠機能

 
幼稚園のイベントなんかで一番痛感するのが肉眼では見えているのにレンズ越しではかなり遠いケース。
 
iPhoneや一眼レフでも無理矢理ズームを最大にすれば見れなくはないのですが、ブレてしまったり画像が荒れたりしてしまいます。
 
その点ビデオカメラはその辺りに特化してますからニーズにピッタリはまるワケです。
 

理由② 生活に密接になり過ぎたiPhone

 
特にスマートフォンで代用している人、その中でもiPhoneを使う人には切実な問題かと思われる「容量不足」のケースです。
 
iPhoneは今やあまりに便利なツールとなり、人々の生活の隅々まで浸透しています。
 
それゆえ、知らず知らずに容量が圧迫されていき、さあいざ写真を撮るぞって時に容量が足りませんとなります。
 
日頃からiPhoneの中を整理していれば良いのですが、家の中を毎日キレイに保つのが難しいように、毎日iPhoneの整理をするっていうのもちょっと面倒ですよね。
 
 

 

結論。

 
断捨離中だからあまり新しくモノを増やしたくないなと思っているのですが、今回は流石に必要なモノなので現在リサーチ中です。
 
特にワタシの好きなデジタルガジェット系の買い物なのでなんだかワクワクしてしまいます。
 
イベントの時しか使わないから…
 
それで良いと思います。
イベントの時こそ美しい映像で記録してあげたいなと。
 
未来の娘にプレゼントです。
 
きっと、その時一番泣くのはワタシでしょうけど。