想像力の限界を求めて

好きなこと、やりたいことを思い出す作業。

最近ちょっとスローダウン

作業もゆっくりモードです。

最近どうゆうワケか色々な人と会います。

懐かしい再会だったり新しい人だったり。やっぱり昔の仲間や友達たちと再会してダラダラと話しをするのって楽しいもんです。

ずっと自分の中にこもって作り続けることは疲れるし、行き詰まることもあります。

閉塞感を感じたら

積極的に人と会うと打開できるかも‥?

落ち着いて、自分を磨いていくために。2017年6月はピカピカではなく、鈍い光目指して磨きあげます。

例えるならば石。あれをずっと触ってると手の脂なのか分かりませんが鈍い光を放ちますよね。うち娘ちゃんがよく石を拾ってきては大事そうに持ってて、あれがたまにつるんと綺麗になっていくのを見てて、あんな感じ。随分抽象的ですが‥笑

革靴とかステンレスとかをピカピカに磨くのとはちょっとニュアンスが違うんです。

一体何の話かと言うと、今まで集中してアウトプットの質とか量とかを考えてきました。それがこのブログの更新方法だったり内容だったりしたワケですが、そもそも真の目的はブログではなかったはずです。

音を作ったり絵を書いたりして、自分の頭の中に広がる世界を少しでもそのまま表現できるように挑戦してきた一環として、このブログもありました。

ブログを書いてる時間は楽しいし、それに対して何かしらのリアクションがあるとそれは嬉しいものです。ただ、ブログはワタシの生活を切り取りしている感覚であって、頭の中の世界を作品として表現しきれているとは言えないのもまた事実。

多少製作状況や、作品の断片のようなものはこのブログでも載せていますが、やはりそれがワタシの作品です、と大きな声で言えなかったのです。

 

と、いうことで、ちょっとスローダウンし整理しようと思うようになりました。

 

これはなんというか、最近かつての知人や一緒に物作りした仲間と再会したことでやっぱりちゃんと何かを作りたいなという気持ちが高まったことが理由だと思います。

みんな年とってもやり続けてるんですよね。好きなことを形にしてる。

そういう姿を見たり聞いたりするとすごい刺激になります。

最近感じていた停滞感や閉塞感といったものがゆっくりと晴れてきたように思えます。

本当にやりたいことを思い出す作業。

好きなことをやりなさい、って頭では分かっていても実際年を取るにつれて好きなことが何なのか分からなくなってくる。社会に長いこと出てると好きなことをやることに何故か抵抗があります。

いい年して、とか大人なんだから、とか。

でじゃあ何するかと言えばなんだろう、洗車して家の掃除して‥ってなんか諦めて仕方なくやってるっていう感じでもなくて、、とりあえず好きなことはせずに誰かのためになることをやろうみたいな。

それが家族のためだったりするんだけど、実際には家事の手伝いを終えてダラダラしてるだけっていう

もともと強い情熱とか制作意欲とか好きなものがたくさんあったんです。

むしろ人よりもその1つ1つのこだわりが強くて、若い頃は相当変人だったはずなんです。

それがすっかり毒が抜けたというか、社交的になって立派に社会人になって住宅ローンを払っているんです。

今のこの現状に不満は何もありません。とても幸せだと思ってます。

でも、やっぱり何かを作っておきたいという気持ちがどんどん膨らんでくるのです。

とりあえず、今月は好きなことを1つずつゆっくりと思い出していこうと思います。

 


好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

新品価格
¥864から
(2017/6/4 06:46時点)



人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


author diskdisk