辛い夏風邪で締めくくった夏の終わり。

2016-07-12

またしても発熱です。

腹痛を伴い、昨日から寝込んでオリマス。

8月の終わり、一気に涼しくなってしまい外からは消化試合のような、投げやりなセミの声がしています。入り込んで来る空気も秋めいたように感じます。

せっかくの日曜だというのにワタシは腹痛と熱で寝込んでいます。

寝過ぎたために今度は腰が痛くなり、今はこうして起き上がり心情を綴ってオリマス。

 

 

8月の終わり、夏の終わり。

これが年齢?衰え?劣化?つい自分の死を想う

2日間も寝込んでしまうと、ついつい厭なことを妄想してしまいます。

この腹痛が命に関わることだったらどうしよう?

このまま悪化してしまったら‥?

一応病院で診てもらって、夏風邪でしょうという判断は下っているのに、持ち前の想像力が安心させてくれません。受診の際にはそろそろ年齢も年齢ですし、一度胃カメラをすることをオススメしますって言われたこともあり、想像はドンドン厭な形へと変化していきました。

ワタシは今年で33歳になります。

もう若いという年齢ではありませんし、病で倒れることも不思議ではない年齢であります。

さすがに夏風邪で寝込んだだけで「死」を意識するのは大袈裟ですが、ワタシはつい「死」を意識してしまいました。

明日という日はないと想え

だから精一杯生きなきゃいけませんね。

このまま腹痛が悪化して‥?と想像して怯えていますが、これはひょっとしたら啓示なのかもしれません。

ダラダラと日常生活を惰性で過ごしてきたワタシに、一度ピシっと生活態度を改めさせるよう現れた天使がワタシのお腹を破壊したのかもしれません。

確かにこの夏は良く飲みました

ビールビールと飲みまくり、酔ってはそのまま寝ちゃうような毎日。。

これじゃあ充実しているとは言えませんね。

さすがの天使もご立腹でしょう。

一度死んだ気になると、人の意識はちょっと変化します。

もうあれもこれも要らないやと思えてきます。

あれやこれは片付けておこうと思います。

 

さすがに遺書までは書きませんが‥

早速治ったら断捨離に拍車がかかりそうです。

 

 

早く治さないと明日から辛いなー‥

 

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!

新品価格
¥3,456から
(2015/8/30 12:40時点)