やってはいけない!結婚式の服装で気を付けたいことを男女別にまとめました。

2017-09-21

 
自分のが主役の時は最高に幸せな結婚式ですが
呼ばれた側からすると結構大変。
 
もっとも頭を悩ますのが
 
何着てこう?
 
これに尽きませんか?
 
今日はそんな結婚式にお呼ばれしたときに、何を着ていくか迷ってしまった人へ、注意すべきポイントを男女別に説明しておきます。
 
場違いな服装はマナー違反ですからね。
 
恥を書く前にチェックしておきましょう!
 
 
disk-wedding-party1

いざという時の正装を。間違いだらけのフォーマル選び。

 
さて結婚式に招待されると喜ばしさと同時に悩みごとも湧いてきます。それが服装。
 
男性はスーツ着てりゃ良い。女性は白着なきゃ何とかなるだろ。
 
って簡単に割り切れないんですよね。
せっかくそんな場に招待されているのだから、やっぱりちょっとは着飾りたいと思います。
 
今日はそんな正装について自分の為にも備忘録がてらまとめとこうと思いました。
 

これは避けたいNG集 女性編

 
白系ドレス。
 
やはりこれはアウトです。主役はあくまで花嫁さんです。気をつけたいのは白系ということ。写真映りによってはベージュも白くなる可能性がありますので気をつけましょう。
 
ファーアイテム。
 
昨今カジュアルな結婚式も増えてきて段々認知されつつあるファーアイテムですが、余程カジュアルダウンされてない限りはまだまだ様子を見た方が良さそうです。毛、飛ぶしね。料理とかあるしね。
 
ツートンカラードレス。
 
これ意外とあります。上と下で色違いの使われているタイプのドレスです。何でも「分かれる=別れる」を連想させるそうです。ちょっと強引な気もしますが。
 
露出度の高いドレス。
 
やはりちゃんとした席ではある程度の慎みが求められます。肩や膝を出しすぎると主役より目立ってしまいます。
 
小物にも注意
バッグは勿論、靴まできちんとしておかないとせっかくの正装が台無しです。
ブーツやサンダル、バッグもファーやヘビ革はNGですよ。
 

これは避けたいNG集 男性編

 
男性の場合、女性と比べて選択肢が少ないのでそこまで大変なことではないと思います。
ただスーツを着てりゃ良いんだろうと高を括ると痛い目に…選択肢が少ない分だけミスが目立ちますよ。
 
スーツ。
 
先ずは基本的にダークスーツです。
黒かネイビーが無難でしょうか。ここでグレーやオシャレ感を追求したカラースーツはやめときましょう。
 
ワイシャツ。
 
ここも基本は白シャツです。カジュアルなレストランウェディングではストライプもありでしょうがここは攻めなくて良いかもしれません。どうしてもオシャレポイントを追求したい方は襟の形や袖のカフスボタンなどで頑張ってみてはどうでしょう。
 
靴、小物。
 
男性の場合スーツ姿の最終仕上げは靴です。オシャレは足元から、とは良く聞く科白。基本はスーツに合わせて黒い革靴です。特に定番と言われているのがつま先部分にデザインのない、紐靴(ストレートチップ)のものです。あとはキレイに磨くことを忘れずに。
 
カバンは男性の場合必要ないかとは思いますが、最近はスマホも大きくなっていますし、財布に煙草にと荷物が膨れ、どうしてもカバンが必要なケースもあるかもしれません。
クラッチタイプのものが望ましいのでしょうがダークスーツにクラッチバッグはその筋の方々を連想させますよね。こればかりはワタシも正解がわかりません。
強いて言えば小型化が可能なものは極限まで削ることでしょうか。
 
煙草はシガレットケースで財布はマネークリップで、と自分なりに工夫する必要がありそうです。
 
ここで言えるのはとにかく無難が一番なのかもしれません。
女性はある程度華やかさを求められますが、男性はちょっと浮いているだけでもかなり目立ちますからね。
 
disk-wedding-dress
 

肝に銘じておこう。

とにかく、お呼ばれした側はあくまで脇役だということを忘れてはいけません。結婚式というのは花嫁さんが主役です。このことを忘れてしまうと、本人はちょっとお洒落のつもりが当日かなり浮いてしまうことに。

こういう正装を求められる日は「個性」「お洒落」を求められていないということをお忘れなく。

 

 

 

結婚式お呼ばれマニュアル ~ゲストのためのマナー・服装入門~ (impress QuickBooks)

 


ライフハックランキングへ