本/映画/感想

mov-ghost-in-the-shell2

 

あのマトリックスのウォシャウスキー兄弟監督がこの作品の影響を公言し、一部のマニア、オタク層の絶大なる支持を得た作品『攻殻機動隊』。そしてこの作品を見事に昇華させた押井守。

日本よりもむしろ海外での ...

本/映画/感想

mov-eyes-wide-shut2

キューブリックの遺作にしてトム夫妻の離婚の原因?とまで噂された衝撃作。何せ一度観ただけではいまいち何が言いたいのかわからない映画。

ニコールキッドマンの美しさだけが印象的だったような‥‥

しかしこの作品、実は色 ...

本/映画/感想

mov-ex-machina1

静かに、美しい。

そして、とても怖い。

最近はやたらとAIとか人工知能とかに注目が集まっていますが、機械によって人間の仕事が奪われるっていうニュースにもあるようにいずれ人は機械にその主権を明け渡す日が来るのかも ...

本/映画/感想

robocop1

 

世の中には奇才と呼ばれる人たちがいて、そんな中でも本当に「やばい奇才」がたしかに存在します。

ワタシの中ではポール・バーホーベン監督もその1人です。

そんな彼の代表作『ロボコップ』が2 ...

本/映画/感想

mov-fury

先日『13時間 ベンガジ秘密の兵士』を観たばかりで気分はまだ戦争モード(不謹慎ですが…)近代戦もガジェット好きには興味があるのですがやはり「戦争モノ」というジャンルの中では「第二次世界大戦」を舞台にしたものが一番萌えます。

本/映画/感想

distruction-babies

映画『ディストラクションベイビーズ』

いやー柳楽優弥の怪演ったらすごいのなんのって。

以前『ワールド・イズ・マイン』って漫画を絶賛した記事を書きましたか、その時に主役のモンちゃんは絶対に柳楽優弥に演じて欲しいっ ...

本/映画/感想

『13時間 ベンガジ秘密の兵士』

新年一発目の映画は戦争モノ。

と言っても日本では映画未公開、惜しくも(?)DVDでの発表となった作品です。

なんと言ってもあのマイケルベイが実話を映画化するのだから ...

本/映画/感想

book-clockwork-orange

時計じかけのオレンジの原作を久しぶりに読みました。

暴力に暴力をかけてアートで割ったようなあの名作映画『時計じかけのオレンジ』。名匠キューブリック監督の才能が爆裂した映画ですが実は終わり方で一悶着あったのです。

本/映画/感想

be-father-no-cry

すごい映画だったな。。

これ、自分だったらどうするんだろう?

全ての父親に考えて欲しい

全ての母親に感じて欲しい

日本映画ならではの静かで重たい作品『そして父になる』を観ました。絶賛され ...