人生最大の買い物をする。決断編

2016-07-12

ここ最近、ライフスタイルについて考えを巡らせてオリマス。
 

 
人には必ずその人の生活というものがあります。毎朝起床してから眠りにつくまでを1日と捉えた時に、生活とは主に自宅にいる時のことを指すのではないでしょうか。
職場にいる時間は何らかの仕事・業務に追われている為生活と呼ぶには違和感があります。
 
となると生活とは出勤までの朝の時間と、仕事を終えた後の時間となります。そして生活の中心を居住空間に置くことも自然の流れです。
 
disk-life-house1

33歳、人生最大の決断を下す。

 
ワタシは幸か不幸か長男であります。
 
長男と言えばかつてはその家を継ぐ者として重宝され、ある時は甘やかされ、またある時は厳しい修行を積まされるものでした。その反面、極度に甘やかされ可愛がられ、どこかマイペースというか下の子に比べるとおっとりした人が多いような気がします。(偏見ですし、何の話をしているのやら)
 
その長男であるワタシがついに決断を下す時がきました。
 
それが
 
 
同居。
 
今現在、ワタシは結婚を期に実家を出てから8年程妻の地元で暮らしてオリマス。(ワタシの実家から今の住居までは電車で一時間半程の距離です)
今ではもう8年も住みついてしまい、ここがワタシ的にもすっかり第二の故郷のような安堵感があります。
 
はっきり言ってこの決断の大変さと言えばワタシよりワタシの妻の決断と言って良いでしょう。
このご時勢、旦那の実家に入るという決断はとても重たいものだと思います。
 
まして今は妻の実家の近所に住んでいて精神的にもかなり楽な環境です。
それを突然慣れない土地に行き、そしてワタシの癖のある両親との同居、というダブルパンチです。
ワタシは今だに出来ることなら今住んでいる環境で家を建ててしまえば良かったのか迷う時もあります。8年間で出来た人間関係、新しい地元な感覚、ワタシにとってもここは去りがたい環境だったからです。
 
 
 
 

二世帯同居を決断した理由

 
じゃあ何故妻にそんな無茶な決断を迫ったのか?と問われれば返答に困るのも事実ですが、ここには幾つかの経緯がそれなりにありました。
 

①震災

あの3.11の大震災によってワタシの実家は一気に混乱の極致に追いやられました。
まず家の物理的なガタを感じたこと、そしてオヤジの仕事の関係上突然現れたローン返済危機という問題。これはもう親子ローンか?ということで否が応でも長男が助けざるを得ない状況が生まれました。
 
 

②娘

たびたび登場していますが、うちには四才の娘がオリマス。
彼女があまりに可愛くて可愛くて仕方ないと思うあまりに、ついつい物事を彼女の人生中心に考えるようになりました。
 
ワタシは二度も転校生というハンディを味わい、暗い学生時代を貝のように静かに過ごしました。
また同時に地元という感覚を結局家を出るまで覚えることなく育ってきました。
 
娘には是非地元という感覚を、明るい学生時代をという儚い想いを託すべく、居住環境を整える必要が生まれました。(親のエゴかもしれません、何が正解なのかは結局振り返ってみて気が付くものですから)
 

③お金

今住んでいる部屋は賃貸で月に8万円支払っています。結婚してから何度か引っ越しをしましたが、だいたい家賃はいつもこんなものでした。
 
ざっと試算すると
家賃8万円を一年間で支払う合計は96万円です。そしてそれが8年間分とすると768万円。さらに賃貸には契約更新の際に家賃の一ヶ月分を多く払うことになるので32万円ほど足すとざっと800万。。
 
1  80,000×12×8=7,680,000
2  80,000×4=320,000
1+2=8,000,000
 
同じ金額を支払って、それが自分の資産になるのと何もならないのとでは大きな違いがあります。
正確には借りた家で過ごした時間や思い出にはなっているので、何もなかった訳ではありませんが、お金のことだけを考えてみるとどうしてもこれはネックな問題でした。
 
 
これらの問題を解決すべく、ワタシたちはワタシの実家に入ることになりました。
 
disk-life-house2
 
実際現在の実家のローン問題は何とかクリア出来たので、幸いマイナスからのスタートは避けられました。
ボロくなったとはいえ今のところ実家は健在です。
 
しかし決断は新たな問題を浮かび上がらせます。
 

立ちはだかる課題

 disk-life-house3

①手狭

今の実家は狭い二階建てです。そしてそこにワタシの両親となんと妹まで住んでいます。
 
そこに我々三人が戻るとなると明らかに部屋数もスペースも足りません。テレタビーズのようにみんな仲良くワンルームで楽しく毎日を過ごすだけの日々ならば不可能ではないかもしれませんが、人間界では絶対うまくいきませんよね。
 
なので必然的に建て替えになります。
そうです、二世帯同居用に建て替えるのです。
 
 

②何から始めて良いかわからない。

家はおそらく人生で一番高い買い物になるでしょう。
だから失敗や後悔だけはしたくない。
しかしこれが高価過ぎる買物だけに今まで経験したことがありません。当然ですが。
 
今は雑誌とか見ながらこんな家がイイねと話合う程度です。先ずはイメージ作りからなんでしょうが、これから決めなきゃいけないことがたくさんあるのは分かっているのに、何からやって良いやら‥
 
だから何から手をつけて良いのかさっぱり見当もつかないのが現状です。
 

まとめ

 
今日はひとまず決断と課題について記してみました。
これから家を作るまでの長い長い道が待っています。
家族全員の希望を考慮したり、同居となれば決まり事だってしっかりしておきたい。
当然お金の問題があったり…
 
これから家族の人生をどういう風に舵を取っていくべきか?一家の長として妻と娘を守っていかなければいけませんからね。これからも進展があり次第まとめていきます、人生最大の買い物。
 
とりあえずワタシに決断をさせてくれた妻に感謝。
 

マンガ はじめて家を建てました!―いちばん最初に読む家づくりの入門書

新品価格
¥1,543から
(2015/5/16 06:09時点)

 


ライフハックランキングへ