MacユーザーだけどWindow版ScanSnap s1500を購入。その実力は?

スキャンスナップ

ついに購入しました。

スキャンスナップ。

その使い心地は?

自炊の要としてずっと狙っていたスキャンスナップ

悶々とあれこれ考えているよりも実際にやってみよう!と勢いつけて購入しました。

ついに我が家にScanSnap s1500がやってきた。その実力は?

随分と前から探していたScanSnap。

心配性のワタシは常に失敗することを考えてしまうため、今回も中古で「とりあえず」探していました。

そして先日ついに状態の良い中古品を見つけたので即購入。

さてさて、その実力はいかに…?

過去記事

ScanSnap高騰中?!

ScanSnapとは?

毎分20枚・40面の高速読み取りを実現
   A4カラー両面原稿で毎分20枚・40面の高速読み取りを実現。 「自動解像度モード」の搭載により、最適な解像度を自動で選択するので、より簡単に読み取ることができる。

早速届いたのですが、開けてびっくりなことが。

そう

Windows版を購入してしまいました

ワタシMacユーザー。

スキャンスナップはWindows用

相容れない2人…

みたいな、しばし呆然となるワタシでしたが物は試し。とりあえずセッティングしてみようと思い活動再開です。

セッティングは簡単

セッティングはとてもシンプルです。

ご自慢の古いMacBookとスキャンスナップをUSBで接続。スキャンスナップの電源ケーブルを忘れずにコンセントに差し込むだけです。

でもそれだけではまだうんともすんとも言いません。

ここから富士通のホームページに行ってこのスキャンスナップを動かすソフトをダウンロードします。

ここでちゃんとMac版を選びましょう。

無事インストールが終われば使用可能です。

懸念していたWindows版というのも特に問題なく作動しました。

ScanSnap ドライバダウンロード

ScanSnap設定

ここからはインストールしたソフトの設定です。

両面印刷にするだとか画質のレベルを選んだり、文字検索に引っかかるようにする機能だとか…とにかく細々と設定できます。

ワタシは自分のスクラップブックもデータ化しようと企んでますので色々な設定で現在お試し中。

とにかくスキャンが早いので非常に快適です。

これさえあれば自分のこの書類、ノートの山を一気に処分しようと思えてきます。

これからが楽しみです。

ScanSnap、Windows版とMac版の違い

最後になりましたがワタシを焦らせたこの問題。

そもそもワタシが購入したスキャンスナップS1500というモデルにはWindows版とMac版とが存在します。

Mac版には名前の後ろにMと打たれています。

また本体も白くなっています。

ワタシはWindows版なのでシルバーな感じですね。MacBookユーザーなのでむしろこっちのほうがマッチしていると思います。

そして最大の違いは

付属するソフト

これはスキャンスナップでスキャンしたデータを管理するソフトなんですがこれの対応OSの違いだけだそうです。

だから今回のようにホームページからとりあえずダウンロードすれば本体はどちらでも稼働させることが出来ます。

Mac版の管理ソフトが欲しかったような気もしますが、とりあえずスキャンしてPDFにしてハードディスクに放り込むだけなので大丈夫かな。

ではどんどんスキャンしていこうと思います。

 


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

中古価格
¥15,800から
(2017/1/24 06:01時点)


 


手帳・手帳術ランキングへ