写真の保存方法で一番安全でベストな手段はどれか?

2017-08-01

写真を整理したい

 
娘が幼稚園に入園するタイミングで、念願だった一眼レフカメラを購入しました。
調子に乗って撮りまくる日々、それはそれでとても楽しい時間だったのですが。。
 
 

 
あれからもう一年が経ち、気がつくとMacBookが容量限界で悲鳴を上げているではありませんか。
 
あきらかに写真の容量が膨らみすぎているせいです。今日はこの写真の保存方法、管理方法について考えを巡らせてみようと思います。
 
picture-saving
 
 

写真の保存方法に正解はあるのか?

 
 
 
最近ではスマホのカメラ機能も格段に進化していて、美しい写真が撮影できるようになりました。SNSブームもあって一眼レフを持ち歩く若者も増えているようですし、ここは1つ、その撮った写真、どう管理したら良いのか?を考えてみようと思います。
 
 ワタシはスマホに一眼レフにと写真を撮りまくってしまい、しかもそれをただひたすらに溜め込んだために、未整理のまま膨大な量の写真が蓄積されてしまったのです。
 
そりゃMacBookがすぐにいっぱいになるわけです。
 
 

日々増え続ける写真をどう管理するか?

 
先に申し上げますが、今回はワタシ自身「どうしたら良いのだろう?」という状態で考えをまとめるために書き始めています。
 
 
そもそも写真は記憶の補完であり思い出の記録です。
 
だから「撮る」ことよりも「見返す」ことの方が目的であり、大切なことです。
 
だから昔は現像しアルバムにストックしてまとめることで後から見る時も楽でしたし、そのアルバムさえ開けば時系列に自分の記録を振り返ることが可能でした。
 
しかし今はカメラがなくてもスマホで写真が撮れるようになり、カメラもフィルムという制限から解放されたことにより、以前の何倍、何十倍と写真を撮れるようになりました。
 
つまり管理方法も従来のものではコントロール出来なくなってきたのです。
 
そしてある日突然容量オーバーでどうにもならなくなってしまうのです。
こうなるとどこから整理したら良いのか?どう管理したら良いのか?なんてまるでわからなくなってしまうのです。
 

写真保存方法におけるテーマは‥?

 
今回写真整理をするにあたって基本方針、すなわちテーマを掲げてみました。
 
写真は「見返す」ことが重要であり
家族みんなで見返せたら最高である。
 
先ほども言いましたが写真は撮ることよりも見返すことの方が大切です。そしてワタシの場合、写真の8割以上が家族との思い出写真なので今回整理するにあたって家族での共有が出来たら最高だなと思いました。
 

シンプルな解決作。保存方法、管理方法はこれ。 

 
理想は一箇所に収められている状態。
 
現段階で写真はほぼMacBookの中に収まっています。
ほぼというのは過去の写真などは外付けハードディスクに保存してあるためです。
 
ここで早速課題にぶつかります。
 
ハードディスクに逃がした写真とMacBookの中にある写真がバラバラで見返す際に煩わしい。
 
例えば同じくらい昔の写真が両機体の中にあったり、同日の写真が片方ずつ異なったものがあったり…と今のワタシに仕掛けた巧妙な罠のような状態です。
 
先ずは一箇所にまとめたいところです。
 
ワタシのPCのストレージが広大であればもう解決です。写真をパソコンの中に全てドカンと放り込んでおけば良いのですから。
 
しかしワタシのMacBookは500Gしかありませんし、写真管理の為だけにPCを使用している訳でもありません。
第一段階としては良い考え方ですが、最終的には家族と写真を共有出来たら良いと思ってますので母艦MacBookに全て収めて終了とするには少々浅はかであります。
 
ただ、一番シンプルかつ安全な保存方法はこれでしょう。
 
とにかく容量の大きいパソコン(写真整理するデバイス)一箇所にすべての写真をまとめる。
 

外付けハードディスクに任せるか??

 
ストレージの容量不足が課題ならばと、巨大な外付けハードディスクを我が家に導入すれば良いのでは?
 
これは先ほどの計画より幾分現実味を帯びたものです。これならばMacBookでの作業に支障はないですし、このハードディスクに接続さえすればいつでも写真全てにアクセス出来ます。
 
最近は外付けハードディスクもどんどん大容量かつ手頃な価格設定になってきていますし、ここは巨大な記録システムを自分で作ってみるのも良いかもしれません。
 
またハードディスクとは少し異なりますが、こんな便利そうなアイテムも存在します。
これ、かなり気になります。
 
 
ハードディスクの利点は一箇所管理が可能なことと、上にあるようなデバイスならば共有も簡単に可能になるということです。これは今かなり気になっています。
 

やっぱりこれからの時代はクラウドでしょう?

 
 
これは心配性のワタシならではの悩みですが、パソコンもハードディスクも同時に写真データが消えたらどうしようと思ってしまいます。
 
そんなの杞憂だよ、と笑い飛ばしても良いのですが、データは飛ばす訳にはいきません。
しっかりとバックアップをしていけば良い話ですが、心配性というのは何に対しても過剰に怯えることが出来るのです。
 
となるとクラウドサービスを利用して各デバイスの物理的損害に備えるしかないかと思います。
(そのクラウドサービスが終了したらおしまいですが…)
 
クラウドならば家族との共有も可能になりますし、意外とクラウドサービス一本でもいけるのか?と淡い期待をしてオリマス。
 
例えばGoogleフォトはかなりおすすめです。現在ワタシはバックアップ用にこのサービスを利用していますが、これは簡単に説明するとGoogleアカウントさえ持っていれば無料かつ容量無制限で撮影した写真をクラウドにて保管できるというもの。
 
DropboxやEvernoteはどうしても容量に制限があるし、使いこなそうと思ったら有料プランにするしかありません。これは是非検討してみる価値があると思います。
 
 

まとめ

 
とりあえず今現在ワタシの考えを思いつくまま書き殴ってみました。結局どれがベストなのかこれから探っていくしかないのですが、とりあえずテーマが定まって良かったです。
 
とにかく毎日増え続けていきますので、管理方法は早く構築したいものです。
 
でもその瞬間を切り取ることが出来る写真はやはり素晴らしいものですね。
 
管理方法に怯えてその瞬間を逃さないように、今日も撮りまくります。
 
今後も管理方法を模索し続けていきますので、どなたか良いアイデアがあったら教えてください。。
 

 

 

「とっておきのアルバム」を作る 簡単! 写真の整理術 (NHKまる得マガジン)

新品価格
¥617から
(2015/3/21 06:32時点)