iPhone専用Lightningケーブルを紛失し、発見したモノ。

2017-09-05

 

 
在るべき場所に在るべき物がない。
探し物の始まりです。ワタシはこのイベントが嫌だから断捨離を始めたというのにまだまだ止められなさそうです。

 
disk-lightning1

Lighteningケーブルの是非

 
先日ワタシはiPhoneのLighteningケーブルを紛失しました。購入時に付属される純正品は自宅で充電用に使用しています。今回失くしたのは携帯用の黒くてなかなか気に入っているものでした。
 
探せども捜せども出てこないので、仕方なく二代目を検討してみることにしました。
 
以前から思っていたのですが
Lighteningケーブルって高い気がします。
Appleに対して盲目的になる傾向の強いワタシなので、デザイン料だと言われれば仰る通りと受け入れてしまいそうですが…
 

iPhone専用とアンドロイドの凡用性。

 
例えば純正品。Apple Storeで購入するとなると税別で1,900円もします。ちょっとお得にするためにはネットで探しまわる必要もあります。
 

【Apple純正品】【iphone5S/iPhone5C 充電ケーブル】【iphone5s/5c/5 ケーブル】【lightning 純正ケーブル コネクタ】 純正品 充電器 Lightning usbケーブル

新品価格
¥1,180から
(2015/3/6 05:50時点)

しかしこれがAndroidならばかなり格安になります。下のは極端な例ですが、それでもiPhone専用であるLightningケーブルに比べれば全然安いのです。

 

巻き取りmicro USBケーブル Androidスマートフォンの充電&データ転送に 必要な長さに調整して使える。 持ち運びにも便利 XPERIA、GALAXY 、ARROWS、AQUOS Phone、REGZA Phone、HTCなどに対応

新品価格
¥120から
(2015/3/6 05:55時点)

やることが同じなだけに、やはり比べてしまうと高く感じてしまいます。

 

独自規格に陰り?

ワタシはLightningケーブルは素晴らしいとは思います。

そのシンプルなデザインにリバーシブル設計が可能とするどちら側を挿しても使用出来る感覚。USBって必ずと言って良いほど挿し間違えて苛々した経験を持つワタシとしては、これは喜ばしいアイテムでした。

これはApple独自規格が成せる製品故の強みであります。

しかしUSB使用のシェアはまだまだ強大です。実際に欧州ではこの独自規格によるケーブルの混乱を良しとしない動きがあるようで、本格的にマイクロUSB使用へ統一に向かうとの報道もありました。(ちょっと古いソースですが‥)

海外Apple関連の情報サイト MacWorld 

どう立ち回るのか?

確かに使う側から見れば独自規格というのはその分、物を持たなきゃいけないということになります。全てApple製品で代々iPhoneしか使用してこなくてという生粋のワタシですら職場ではWindows環境に囲まれ、仕事で与えられた携帯もAndroidです。

どうせならUSBで統一してくれた方が使い回しやすいと思うのが正直な感想です‥

統一の動きがあるとは言え現状ワタシの手元にLightningケーブルがないことに変わりはありません。

disk-lightning2

純正品以外を探す

 
素直に純正品をもう一つ買えば済む話なのですがここは得意の天邪鬼。早速ネットや家電量販店をウロウロしてみました。
 
当然のことながらネットの方が安価な物が発見し易かったです。純正というククリを外せば出てきます。(怪しいのも‥)
根がアナログ人間のため通販を未だに取り入れていないワタシにとって、一度はこの目で見てみたいという思いがあります。
 

思わぬ収穫

 
先代のケーブルもちゃんと確認して店舗で買いましたし、iPhone6にしてから電池の持ちも良くなっているので焦って買う事はないかなと自分に言い聞かせて帰宅途中、別件でDAISOに寄りました。
 
そして思わぬ出会いを果たしまして。
 
100円で売ってました…
 

lightening風ケーブル(100円)を使う

disk-twi-daiso

 
散々パッケージに「充電専用」と書いているだけあり、充電は問題なく出来ました。そして当然データ通信は出来ません。
 
あとリバーシブル設計ではありません。注意です。
挿さるけど充電始まらないと思ったらそれは逆の可能性もあります。
 
 
もともと出先での電池切れ対策としての役割でしたのでサブLighteningは充電さえ出来れば良いです。だからしばらくこれで使っていこうと思います。
 
DAISOってすごいですね。
勝手な推測ですが、これ敢えてリバーシブルの設計を止めたんじゃないでしょうか。
ほら、特許問題とかありますし。
 
 
AppleがすごいんだかDAISOがすごいんだかよく分からなくなってきましたが、こうして技術のイタチごっこが発展に寄与していくと消費者としては良いですね。
 
でもAppleが割り切って充電専用の安価Lighteningを開発したら幻滅しますが。
 
 

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約90cm

新品価格
¥790から
(2017/9/5 05:36時点)