Apple Watchも気になりますが、先ずは自分の腕時計見直してみましょう。

2017-08-07

 
腕時計。
社会人になると、携帯電話で時間を確認することが出来ない場面も多々あります。悪気はないにしても、やはり目上の人の前では避けたいところです。
やっぱり腕時計は、必要なアイテムであります。
 

disk-tool-watch1

 
ある人にとって腕時計はステータスであり、ある人にはただ時間を知らせてくれるアイテムに過ぎないものです。
そう言ってしまえば世の中にはたくさんのそういう価値感がブレるアイテムが存在していますが、ワタシは特に腕時計というのは幅が広いような気がします。
 
ブランド品を追い求めるとキリがないし、かと言って時間が分かればなんでもいいと言うわけではありません。ワタシも幾つか所有していますが今回はその中で一つ眠っていたものを再生させたいと試みました。
 

モノにこだわる。

 
価値感は人それぞれなので、ここで何が正しいとか、悪いとかを追求するつもりはありません。
実際ワタシもモノにこだわるタイプでして、今までに何度も無駄使いしました。
 
最近断捨離が我が家のブームになり、モノを減らす行為が快感になってきました。
そしてこうなると不思議なもので、人間欲しい物が減ってきます。というかじっくり考えてから本当に欲しい物を探すようになります。
 
今までどれだけ衝動買いが多かったか、今となっては怖くて確認すら放棄していますが‥‥。
 
 
自分にとっての逸品を求める。
 
今までだったら新しい物を買って済ませたところをちゃんと段階を踏んで検討することにしました。
 
まずは本当に欲しいのか?
本当に必要なのか?
似たようなアイテムを持っていないか?
身の回りにある物はないか?
 
そして今回は愛着のあったアイテムを甦らすことで欲しい物を手に入れることに成功しました。
 
もう止まってしまった腕時計のベルトと現役で稼働中だけどベルトが子供っぽいと思っていた物とを交換することにしたのです。
 

ザ・ベルト交換

change-the-belt

 
これがなかなか良い出来で、自分の中でかなり満足しています。
 
良くある町の時計屋さんですぐにやってもらえます。
後はビッグカメラとかでもベルトを買うとベルト取付費用はタダになったりします(ワタシの場合はそうでした。全店で適応しているかは分からないので必ず購入前に確認してください)
 
今回ベルト持参だったので工賃だけで済みました。
因みに今回は540円。
これもお店に寄ってマチマチっぽいので必ず確認してからお願いするようにしましょう。
 

確認ポイント

 
眠っている腕時計のベルトはないかな?
 
disk-tool-watch3
 
時計本体のここのサイズ確認
このサイズが同じならば付け替えてくれるはずです。
 
次に付けたい時計とベルトを外す時計を持ってお店に。
 
って流れで当日その場でやってもらえました。
 
調べてみるとベルト交換くらいなら工具さえあれば自分でやれるようです。
一応参考までに。
 
新しい物を買って満足する。
確かにこれも一つの形ですが、たまには視点を変えて今持っているもので新しいモノを生み出してみませんか?
 
と言っていますがApple Watch、気になるなー‥‥。
 

【Vanilla Vague】腕時計のベルト調整やサイズ調整 時計工具/腕時計工具 6点

新品価格
¥880から
(2015/4/29 06:09時点)


ライフハックランキングへ