中古でipad pro10.5を購入。作業環境を整えたらいくらかかる?

2021-01-10

最近MacBook Airの調子が悪い。

そう思ったのはまだ寒さが本格化する前の話でした。

あれから3ヶ月ほど色々と模索した結果

次のワタシの作業用ガジェットはPCではなく、タブレットである。

という結論に至ったのであります。

脱・MacBook

タブレットだけでやっていけるのか?ワタシのここ数ヶ月の考察のまとめをお伝えしましょう。

 

iPadだけでやっていく。これがワタシの脱PC宣言。

そもそもワタシのMacBook Airの調子がかなり悪くなったことが発端でした。

何をやるにももっさりとした動作。SSDとは思えないその動きに突然のフリーズ。。

ストレスだけが溜まっていく環境の中でふと片手にはiPhone。

このiPhoneは今年買った11proですから何も不自由はありません。瞬間的に使えるこの操作性により、最早ワタシの身体の一部と化した欠かせないデバイスです。

一方でMacBook AirはSSD搭載モデルとはいえ、最近の不調により立ち上げてもすぐにりんごマークがくるくる…どうにもならなくなって結局再起動の繰り返し。。

使えなくはないんですけどね。。

なんでわざわざ重たいMacBookで作業をしているんだろう?

当然の考えです。

そこからワタシはiPad導入計画を企てることになったのですが、同時にここから長きにわたるiPad計画が始まることになりました。

そもそも種類ありすぎ。一体何が違うんだiPad。

いきなりぶつかった壁。それがiPadの種類。

現行モデルでは普通のiPad通称無印と呼ばれるモデルに加えて、mini、Air、Proと種類があります。

まあ名前からしてスペックの違いや用途によって好きなものを選べば良いのだろう?くらいはワタシでもすぐわかったのですが、実際に購入する際の予算。これを決める上でこの問題が大きな悩みとなりました。

無印は安い。エントリーモデルとしてはコスパ最強。

これがどのサイトを調べても共通して書いてあることでした。当然それで良いとずっと思っていたのですが、自分がやりたいことをあてはめていくともう少し頑張っても良いのかなと思うようになりました。

今回自分がやりたいことは

・ブログ執筆

・ライフログの管理

・作品制作

おそらく調べたところブログ執筆とライフログの管理なんかは無印でも問題はなさそうでしたが、作品制作については少し不安が残りました。

昔ほどしっかりと音を作ったり絵を描いたりはしないものの、どうせ新しい環境を整えるのならば挑戦したいという気持ちがないわけではありません。

そこで連日調べた結果

iPad Pro 10.5

これに落ち着きました。

型落ちモデルiPadを購入した理由

ライフログの管理やブログの執筆ならば最新の無印モデルでも良いとは思ったのです。

これならApple Pencilも対応するし。

ただ今年の目標の一つにアウトプットの充実があります。

出来ればペインターとして作品制作を行い、今年こそは外に向けて作っていきたいという願望があります。

そこで間とってiPad pro10.5。

買いやすい価格であったことは言うまでもなく、目的のApple Pencilも対応。

書き心地を比較すればやはりproに軍配が上がるとのレビューもあり、こちらに決定。

そもそも現行のProモデルに周辺機器を揃えてしまうとかなり高額になってしまい今回の予算から外れてしまいます。

ワタシにとってのエントリーモデルとして中古のProに決定しました。

Apple Pencilなど純正の周辺機器が使用できるギリギリのモデルである他、容量もそこそこ。大きさもそこそこのこのモデル。

中古市場も価格的に落ち着いてきた感じもあります。

最後まで現行の無印と迷ったのですが、今はなきホームボタンとイヤホンジャック搭載モデル。

早くも愛着が湧いてきています。

導入コスト、所感など。

さて念願のiPad環境を整えたわけですが、結果として導入コストはどのくらいになったのか?

まず本体。

チェックしたサイトはメルカリ・ヤフオク・PayPayフリマ・ラクマ、またちょうどお正月だったこともありAmazonの初売りセールも確認しました。

正直なところ5万位内で揃えたいなと考えていました。

まず1番肝心の本体。

だいたい3〜5万くらいで各サイトありました。

状態・スペックにもよりますが、ここで心揺さぶられるのがApple Pencilセットとかキーボードケース付きとか、セット売りされていることがあります。

かなり迷いました。。

予算からは少し出てしまいますが、結局バラで揃えていけばお得な気もします。今でもちょっと後悔しているので、もし自分の予算とお探しの状態に納得がいけばこれが1番お得かもしれませんね。

ワタシは結局ヤフオクで買いました。

ipad pro 10.5 256GB SIM FREE

価格は44,000

ここに正月のクーポン、Tポイントなどを使い¥40,000程度で購入。

あとはApple Pencilの力を最大限に発揮できるようペーパーライクフィルムという液晶に貼るフィルムととりあえず衝撃から守るためのカバー。

フィルムとカバーはAmazonで購入しました。

2つ揃えても2,000円ちょっとな価格。

問題はApple Pencilです。

これは中古での相場が全然下がってなくて、これは新品で買ってもそう差がないかな、、と思っていたところ思わぬ盲点。

なんと近所のブックオフで¥5,800で販売してました。しかもいくつかストックから出して選ばせてもらい、ほぼ新品では?(見た目)と思えるほど綺麗な状態のものを購入。

結局コストとしては

50,000円ちょっと。

予算からは少しオーバーしちゃいましたが、まあ狙った範囲で収まったのではないでしょうか?

※キーボードはMac用の前から持っていたものを使用します。

NIMASO ペーパーライク フィルム iPad Air 3 (2019) / iPad Pro 10.5 用 上質紙タイプ アンチグレア

新品価格
¥1,480から
(2021/1/10 08:32時点)

JEDirect iPad Air 3(2019)とiPad Pro 10.5(2017) 用ケース 三つ折スタンド オートスリープ機能 (ブラック)

新品価格
¥899から
(2021/1/10 08:32時点)

中古でiPadを買うときの注意点

基本的にメルカリやヤフオクでの購入は自己責任です。

だから事前に確認できることはすべてやること。例えば状態。実際の液晶画面の画像や傷があるならその部分について気になることは確認しましょう。

そして何より気をつけたいのはIMEIの番号

これを教えてもらうことで、その機体のネットワーク制限の有無が確認できます。

ざっくり説明すると、本体を分割で買った人が中古で売りに出すとします。売れたからと購入した分の残りの支払いをその時点で払わなくなると…各キャリアはこの番号を基にネットワークに制限をかけてしまい、以後その機体でネット通信が出来なくなります。

中古で購入してからそうなってしまうともう打つ手がありません。。

早々にSIMフリー化させてしまうとか、Wi-Fi環境であれば問題はないとも言えますので、まったく使えなくなってしまうわけではないのですが。

せっかく購入するのにそんな問題を抱えるのは嫌ですよね。

ちょっと注意事項が長くなりましたが、このIMEI番号とかしっかり記載しているのはヤフオクのほうが多かったように思えます。(ヤフオクはショップが運営していることが多いのでそういったこともあるかも)

メルカリは個人出品が多く、実際に問い合わせてみたらその人も中古で買っていてネットワーク利用制限がずっと△。問い合わせで発覚した、なんてことも。

気になる人は番号を聞いて必ず下記サイトでチェックしましょう。

最新モデルで一気に揃えてしまうってのが一番理想的ではありますが、とりあえず始めてみるっていうエントリーモデルにどこまで理想を追求するか?それが重要だと思います。

自分のやりたいことを吟味し、それに見合った買い方をするのも良いでしょう。

導入までに時間はちょっとかかってしまいますが、それはそれで探している時間が楽しかったりします。

さあ今年はこいつを使い倒すぞ。

Apple Pencil MK0C2J/A アップル ペンシル 第1世代 MK0C2JA [ラッピング対応不可]

価格:11,359円
(2021/1/10 08:34時点)
感想(42件)