Wi-Fiの接続が悪いのでTP-LINKの無線LAN中継機を買ってみた。

gadget

我が家のネット環境は基本的にWi-Fiで各自繋いで過ごしています。

最近は子供たちも一人前にタブレットでYouTube観たりするので、繋がりにくくなることもあったりして。。特に感じるのがルーターから一番距離のある部屋は途切れてしまいがち。

テレワークも増えてきているし、ここは「中継機」なるものでネット環境を整えてみようと思います。

初めてのWi-Fi中継機。繋がりにくいと感じるならとりあえずやってみよう。

早速ですが、Wi-Fi環境を整える。ってテーマで書いていきます。

まず条件というか今の状況です。

我が家のルーターは2階のちょうど中心に位置するクローゼットの中に設置しています。建物は木造の2階一戸建て。

2階はどの部屋も無線で快適に繋がりますし、ルーターのだいたい真下に位置するリビングも問題なくWi-Fiで接続されています。先のとおり、みんな一斉に使ったりするとたまに途切れたり、遅くなったりはしますが。

しかし一階の一番端の部屋はかなり電波が悪いです。

気がつくとWi-Fiが解除されていることもあるし、毎回接続し直してやっと繋がるって感じです。

そこで調べてみたら「中継機」という存在を知りましたので、早速Amazonにオーダー。

Wi-Fi中継機として「TP-Link 無線LAN中継機」を購入。使い方、感想を伝えよう。

探し出すとたくさん種類があって、価格もピンきりだったので

とりあえず安くて簡単そう、という理由だけで選んでみました。

内容も本体と説明書のみ。まるで電球買ったときみたいな簡単な包装と説明書。

早速設置してみました。

使い方は本当に簡単で、、

まずルーターの近くで電源を入れます。

すると電源ランプが付くので、次に接続する機器を使って設定します。

ワタシの場合はiPhoneでやりました。

iPhoneの設定からWi-Fi画面に先程電源ランプが点いたらここに見慣れないTP-Linkが表示されるはずです。

次にiPhoneでアプリ「Tether」を落とします。

このアプリ上でIDを作成し、メールアドレスとパスワードを設定

次にメインのWi-Fiルーターを選択し、このSSIDのパスワードでリンクさせます。

すると、普段使っている回線の末尾に「EXT」という文字が付いたものが現れますのでこれに繋ぐだけです。

これだけです。

あとはこの中継機の設置場所です。

我が家の問題であった一階の一番端のほうに近いコンセントにつけてみました。

設置場所についてもコンセントに挿して少し待つと青いランプがつきまして、それが接続状況を伝えてくれますので目安にもなります。

早速試してみましたが、「快適」です。

これまで途切れてしまう部屋でも、途切れることなく使えています。

普段のちょっとした不満や手間っていうのは、解消できるならどんどんやっていったほうが良いなというのが正直に感じた感想です。

特に今回は2,000円もしないであっという間に解消できたわけで。

ただ1つ悩みが。

 

なんか消臭力みたいなこのルックス。。

ダサいよな。。

 


TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 11n/g/b 300Mbps コンセント 直挿し 3年保証 TL-WA850RE