ある日突然衝動買いが出来なくなって、モノの選び方はどう変化したのか?

衝動買いが嫌だ。

なんか、改めて文字にしてみると

自分が自分じゃないみたいだ‥

と言うのもワタシはかつて「衝動買い」が特技です。っていうくらいすごい勢いで物欲を満たしてきた過去があります。

家具から始まり

パソコン

ホームシアターセット

洋服

アクセサリー

カバン

靴‥

言い出したらキリがない。

新婚生活スタートと同時にワタシはポンポン衝動買いをして後先考えることなく物を増やしていきました。

まぁ結果的に買って良かったな、って思えて今も残ってるモノもありますがその大半は東日本大震災と叔父の死により嵐のようにやってきた「断捨離熱」によって一気に消えていきました。

新居に引っ越してきてからだいぶ落ち着いてきたせいか、最近また徐々にモノが増えてきているようにも思えますが…それでもずいぶんとシンプルにはなってきていますね。

そこへ今回の冒頭

気がついたら

衝動買いが苦手になってきたんです。

bye-the-want-to-buy1

衝動買いが嫌いになって。モノの選び方はどう変化したか?

これはほんと驚愕の事実です。

先日も一人ふらっと雑貨屋巡り。

あれもこれも欲しくはなるのですが実際に買おうかと考えると何故か急に熱が冷める…

ステッカーとか小さな置き時計とか、別に高くはないんですよ。それなのにいざレジへ行こうと思うと急に欲しくなくなる…

これは一体…

そう、

衝動買いが出来ない身体になってしまったようです。

きっと過去の衝動買いにより上限金額みたいなのがあってそれがオーバーしたか、無残にも捨てられていったモノたちの呪いか

とにかく衝動買いが苦手になりました。

もうこないだなんて必要なモノなのに、衝動買いをしたくないがためにその時は諦め、後日ちゃんと理由を計画してから出直しましたからね。

ボクシングのやりすぎでパンチドランカーになるように、きっと衝動買いをやり過ぎてこんな身体になってしまったんです。

これではホセ・メンドーサには到底かなわない…

…すみません、話が逸れましたね。

要するにある日突然衝動買いが出来なくなってしまったのです。

そうなると直感や衝動ではモノを買わなくなったので、何を買うにもしっかりと考えるようになりました。

これが何故必要なのか?

これを買ったらどうなるのか?

買ってどうするのか??

自分自身を散々説得させるようにして、納得することでようやく購入に至ります。

自分でも面倒くさいなとちょっと思っています。

bye-the-want-to-buy2

衝動買いをしなくなったワタシの衝動はどこへ行ったのか?

さて、こうなると一つ疑問に思うことがあります。

それはこれまではかなり直感や衝動に頼って買い物をしてきたわけで、そういう想いや気持ちとかは一体どこへ行ってしまったのだろうか?ということです。

そしてそういう感情が消えた時に何故物欲まで完全に消え失せなかったのか?と。

きっとそこにはモノに対する憧れみたいなものが枯れてきたんだろうなっていうのがあるんじゃないでしょうか。どこか諦めに似たような感情が。

若い頃はそれこそ何だって欲しかった

身分不相応だって分からなかったから、とにかく人が持っているモノに憧れたしブランド物が持つ甘美な魅力には面白いように引っかかった

だけど、なんだか色々な常識とか世間体とかを感じる年齢になって

頑張っても手に入れられないモノ

自分には結局不要なモノっていう判断が出来るようになったのだなと。

そうやって冷静になって考えられるようになったから、衝動を抑えることができるようになったんだなってね。

ちょっと寂しい気持ちになりますが

これはこれで良かったのかな?と思います。これが成長なのだと思い込むようにします。

 

でも

 

たまには理性ぶっ飛ぶくらい魅力的なモノに出会いたいな。

 

その時に、忘れていた衝動がやってきたら‥‥

 

もう抑えることは難しそうです。

 

「衝動買い」が止まらない!【電子書籍】[ 金子哲雄+「商業界」編集部 ]

価格:1,290円
(2018/7/12 21:16時点)
感想(0件)