30代、家を買う決心と待ち受ける試練。

2018-05-10

家を買うタイミング

これが難しい。

買いたい時が買い時だ

なんて、パソコンとは違いますからね。

人生最大の買い物を控えて

disk-home-plan

誰にだって一度や二度、人生の岐路に立っていると分かる瞬間があるんじゃないでしょうか?

ワタシの場合

今です。

30歳を過ぎて漠然と家を購入しようと考えたものの、いざ始めてみると迷うことだらけです。そもそも賃貸でも良いんじゃない?先行き不安だし。

でもどっしりと生活基盤を構えるのは大切だし、子育てするなら地域に根ざした成長をさせてやりたいし‥

じゃあ買うと決めたらマンションなのか戸建てなのかでまた迷うし‥

うちの場合は実家の両親と同居?!なんてプランすらあるし‥

life-house-plan3

30歳、家を買う決断で待ち受ける試練

そうなんです。

家を買おう!って決断してからというものとりあえず選択肢として有力だったのがこの実家を建て直し、二世帯でワタシの両親と同居するというプランでした。

そう計画してから長い月日を重ね、ワタシは今人生の岐路に立たされているんです。。

詳しくはこちらにまとめてありますが

disk+disk HOME PLAN

計画が進行するにあたってどんどんと課題が発生し、ついにはそもそもその土地スペースでは二世帯で暮らすに狭すぎるという行き止まりにぶつかってしまいました。

いっそ計画を白紙に戻して今、ワタシが暮らしている地域でワタシたち家族だけの家を探すという道が目の前に開けてきました。

妻や娘はすっかり今の地域に根ざして毎日を過ごしてますし、もはやメリットしかないこの道です。

両親との同居か?

今の地域で新しく家を買うか?

究極の選択です。

家はワタシ自身、史上最大の買い物です。

金額はもちろん、その後何十年と使用するモノですから慎重にならざるを得ません。

最近はマイナス金利の影響でずいぶんと追い風が吹いてきているように感じます。

この良い流れに沿って結論を出しても良いのかもしれませんね。

だいたい究極のなんて位置付けるほどの問題なのか?

家族みんな健康で仲良く過ごせればそれで良いんじゃない?

なんて自分でもびっくりするほど前向きな考え方に成功した今、我が家は新しい道を模索することを始めます。

でぃすけのつぶやき

これからの時代、家を買ってその地域に定住するってことにどれだけのメリットがあるのか分かりません。どんどん時代は変わっていくし、超高齢化社会はおそらく今後の住宅事情にも何かした大きな変化をもたらすことでしょう。

そんな大きな端境期に土地を買ってそこに家を建てるっていうリスクは確かに高いのかもしれません。

でも

やっぱり人は毎日の生活の積み重ねがすべてです。

毎日の暮らしを大切にする意味でもしっかりと自分の空間を確保することは意味のあることだと思うのです。

家を買うことを決断したときからたくさんの悩み事が押し寄せてきます。

まるで試練のように。

 


マンガ はじめて家を建てました!―いちばん最初に読む家づくりの入門書

新品価格
¥1,543から
(2016/2/25 21:59時点)



ライフハックランキングへ